テーマ:たまゆら

たまゆら~もあぐれっしぶ~第12話「そして旅立ちの季節、なので」

最終話。 ひな祭りから、卒業式までのエピソード。 心から素直に「ありがとう」という響きは、いいねえ。 両親の愛情と友の友情に包まれているから、あんないい子に育つんだな。 子の内面の成長と同時に親も成長。 優しくて、ホッコリと穏やかにさせてくれるの心のサプリのようなアニメでした。 ARIAシリーズと似た香りのするいいア…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第7話「ついに、みんなで来たよ!なので」

毎回癒されます。 今回は、横須賀が舞台。 無謀にもさよみの運転で到着。 かなえがいなかったのがちょっと残念。 変りじゃないけど、なんとももねこ様も横須賀に来ちゃいました。 質問魔、ともちゃんとは、初対面だがいい按排にうちとけ、祭りと花火を楽しみメンバー達。 はやり、お父さんを思い出してしまうふう。 悲しむのではなく…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第6話「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」

たまゆらの世界も夏真っ盛り。 ふうの父ちゃんの職場の後輩の女性と瀬戸内を回ることになったふう。 お父さんの通った路を辿るような旅の中で、知らなかったお父さんの顔を発見するふうと後輩女性。そうそうカメラマンのりほさんも同行してたのよね。 今回も風情や物語の進行には癒されました。 心地よい。 ちょっと暑さが飛んだかも。 …
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第5話「明日のためにレッツフォト、なので」

写真部顧問の先生から、サクラ写真コンテストへの応募の誘いに乗った、ふうとかなえは、サクラを求めて街中を歩くも、どれも季節が行ってしまった感じで、チャンスに恵まれずにいると、偶然に商店街であった、さよみ殿から最適な場所があるからと、翌日に他のメンバー達と一緒に登山。 苦労して登ったかいがあったもんで、満開な桜に素敵な仲間達の笑顔な訳…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第4話「特別な場所、特別な想い、なので」

ポッテと香の「特別な場所・想い」が見つかり、イベントも最初は酷かったけど成功。 よう桜の場所、みつけたもんだ。 ポッテとかなえを見ているとフニャフニャになりそうで、全身の力が抜けそうだ。 ほんに、この二人はカワイイ。たべちゃいたいぞな。 「ありがとう」癒される唄だ。 TVアニメーション「たまゆら~もあぐれっしぶ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第3話「写真部本格始動、なので」

酷い上り症のポッテでしたが、三谷かなえも似たような性格で、みていて、なんとかならんかーっ状態が続くも、やっぱ口に出して気持ちを伝えるのは大事なのね。 互いの胸の内がわかったポッテと三谷かなえは、両想いの恋人同士のようになりの良い感じ。 いよいよ2名になったカワイイ写真部の本格指導か。 【Amazon.co.jp限定】 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第2話「どきどきの新しい一歩、なので」

ふうのどきどきの新しい一歩が始まったな。 顧問もドジっ子の若い女性教師のようで、多難な写真部になりそうな(笑)。 周囲の人達がサポートしてくれるから、そんな事はないじゃろう。 物語の終わりの方で、ふうが気にかけていた写真のうまい子、三谷かなえが部室に入って来て、他のアニメなんかだと一悶着があったりなんかするんだろうが、このアニ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第1話「おかえりなさいの一年に、なので」

たまゆらの2期が始まった。 あれから1年。ふうはフワワーッとしながら小さい体で新しい一歩を踏み出すのね。 写真部を立ち上げるらしい。良き仲間達は、皆応援姿勢。 バックで流れる音楽と風景、そしてポッテ達の会話は癒されます。 OPとED曲もまたしかり。 TVアニメーション「たまゆら~もあぐれっしぶ~」オープニングテーマ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more