テーマ:WHITE ALBUM

WHITE ALBUM 第26話「僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく」最終回

こちらも最終回。 生前の冬弥の親父さんと由綺の会話にひっかかる物があったのだが、成る程ねえ。 全ては冬弥が幼少の頃にションベンをちびったあの時から始まったんだな。 由綺はビーナスでの本番で勝手に曲目を変更。大した新人さんだ。 その数時間前だろうね。まだ完全に幼少のあの出来事を完全に思い出してはいない冬弥が今の自分の心境を…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第25話「他人が悪い。自分は悪くない。他人だけが悪い。自分だけが―」

理奈ちゃんの喉の包帯が痛々しかったな。 飲み物に含まれていた劇物は少量だったが精神的なショックが原因で言葉が話せなくなっていましたね。 ビーナスへの望みを捨てきれないで必死に声を出そうとする理奈に神崎社長は緒方プロへの自分の陰謀を告白し、一から出直す覚悟なようで、マスコミに自分とメノウの関係を話さなかったメノウの言分を聞く為にポ…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第24話「夜は何もしてくれないよ。色あせるのは太陽のせいだし」

色々と目まぐるしいストーリーでしたが理奈&由綺の2ヒロインが立派でしたね。 このアニメは駄目な男ちゃん達が二人の存在をプッシュしているような。 気になったのはメノウさんだな。 もしかして冬弥への想いは由綺と理奈に比べようもなく深いかもしれません。そう思わせる様なシーンがありましたね。 メノウは女神のきっかけを作った存在の女性…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第23話

【看病や手料理を期待して、風邪をひきたくなる。後の苦しみは想像もしない】 水樹奈々さんの紅白での歌は夢幻になるのかな。出来れば「深愛」の方を聞きたいなあww 由綺のビーナス出場が決まり、3Mではメノウに決定するが理奈はメノウとその付き人の関係に気付いていましたね。メノウはその辺りの真相を美咲に書いて貰ったのでしょう。 理奈の様…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第21話

「別れ道まで戻りたいと思う。右にすれば良かったって。後悔だけのそんな道程」 山本さん 怒ってましたね。 英二は絵画の処分をあのおっさんに任せるようだが、また騙されやしないかな。 音楽番組で偶然一緒になった理奈と由綺のマネージャーのお二人は、いきなり弥生さんがトイレで冬弥を襲いながら今後のスケージュールの確認。その弥生さんの行動は広…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM第20話「恋愛は理屈じゃない。そう語り合う恋人達は、詩人、評論家、哲学者」

少女の絵画を求める英二さんの精神は病んでましたね。その英二の歪んだ心を由綺が破壊したのね。そんな事もあって由綺の方が社長の英二よりも大人に見えた。でもってその後の英二と弥生さんの絡みは緊張感があって見入ってしまいましたが、物語の大半は主人公のモテぶりでした。冬弥は生涯の中で一番モテる時期なんだろうと思いたい。そんな時期の冬弥の振る舞いは…
トラックバック:14
コメント:2

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第19話

「飽きるから次に進めるという。大抵は、進む前にもう飽きてるみたいだけど」 冬弥に不信感を抱く由綺に「藤井君とキスしたよ」と真実を告げる理奈は楽屋室に由綺を入れるとエコーズで初めて会った時から冬弥を好きになった気持ちと例の手紙の事実を正直に話してしまいましたね。尚も冬弥が理奈のアシスタントになるとも報告。 由綺の方は冬弥と弥生…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第18話

「虫が良すぎるんじゃない?殻に閉じこもってるくせに、閉所恐怖症なんて」 独立ではなくライバルのM&Mへ移籍した理奈。M&Mでも桜団が解散。両者の記者会見は対照的でしたね。 自分の勝手な論理を強引に押し付けて冬弥の唇を奪う弥生さんはやっぱ恐いねえ。そのシーンを誰かさんが激写です。弥生さんをマークしていた事から犯人は元マネの奴でしょ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第17話

「バレてほしい嘘がある。信じてほしくないホントウがある。一つずつ、ある」 理奈が独立を決めたのは自分のせいだと思う由綺が必死に引き止めようとして雨の中を押し倒すシーンは凄いね。その後二人は軽食をとりながらちょっと前の思い出話をしたりして冬弥の話題になると理奈は一つ嘘をついちゃいましたな。 冬弥の心を掴めない二人ハルカとマナの…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第16話

「小さい頃を想って、恥ずかしさに身悶えすることがある。それに比べれば」 正月から冬弥は親父さんが倒れたというのに弥生さんと一夜を過ごし、翌日は暢気にブラブラと歩いてアパートに帰る。 彰と美咲は、病院まで付き添っていて彰は何度も冬弥のアパートの留守電にメッセージを残す。 自分がついていながらと罪悪感に苛まれてオドオドしている…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第15話

「見つからないものが、まわりを壊す。そこにないから、手の打ちようがない」 年越しです。 冬弥の父親は正月3日間を自宅で過ごすのだが、彰と美咲さんも一緒。 彰はもう我慢の限界が来ているようで、というかまだ二人はやってないのね。 美咲さんの心には、まだ冬弥がいるのでしょう。 弥生さんコワ~イ。 大晦日の夜、由綺が「冬弥さ…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第14話

「チューニングが合ったためしがない。もっと良好な場所があると思ってしまう」 相変わらず長いサブタイトルでヒルメロ風なOPですね。 前話から間が空いた事で、ストーリーを忘れてしまっていたのだが、見ている間に13話の記憶が蘇って来ましたよ。 緒方プロとM&Mは観客動員率の勝負をしていたんだったな。 結果は緒方プロの勝利で、マ…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第13話

器が傾いてるのに、気づかなかった?水はもう一滴も残ってなかったからね なんだかなーっ コンサート後にドラマが待っていた。そんなストーリーでした。 それにしても、あの短時間に積もった雪はなんざんしょ。英二さんの語り口もブリーチの藍染惣右介、そのものだったし。 今回は珍しく、冬弥が弥生さんの接吻を拒んでアパートに戻ろうとすると…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第12話

縛ること。欺くこと。奪うこと。与えること。どれより辛いのが、待つこと 理奈はギリギリまで冬弥とのデートを諦めずに頑張ったが、冬弥の心は変わらず、その夜の冬弥は自室まで弥生さんを連れ込み、そうなっちゃうのねえ。 おいおいまた首かよーっ 弥生さんとの勝負に負けた理奈は、弥生さんが破り捨てた由綺の手紙の内容を包み隠さずに冬弥に伝え冬…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第11話

「胸につかえていることを、時は解決してくれない。忘却のラベルを貼るだけで」 冬弥の授業を早退してハルカと一緒にサイクリングに出かけたトレーニング姿のマナちゃん、可愛かったな。互いにお兄ちゃんだと云っていた相手が冬弥の事だと見破り、ハルカを由綺と誤解しているマナに本名を伝えるハルカ。その時に本当は自分の姉の事だとはったりをかますマナ…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第10話

「一人相撲が虚しいのは、一人だからってだけじゃない。観客の目が、痛いんだ。」 芝居を無茶苦茶にされた田丸の視線が不気味でしたね。表面上での美咲は冬弥への気持ちの整理が着いた様に見えるが、また衝動にかられて冬弥に思いをぶつけるシーンがありそうだな。 アリーナで予定していた理奈のコンサートがライバルの桜団に奪われた格好となり、理…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第9話

「思い出に気の利いたシナリオは要らない。口から出た瞬間、どうせみんなたわ言。」 美咲が情念を抑えきれずに冬弥に告白、マナも疲れてベッドで寝てしまった冬弥に己の唇を重ねようとするシーンがあって、昼メロ道へ一直線です。 美咲は苦労して衣裳を仕上げるも、部長さんに難癖をつけられ衣裳の作り直しをする事になった。 今回は冬弥…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第8話

「時間がないときほど、多くのことができる。やってしまう。もちろん、恋だって。」 英二に由綺と理奈のレッスン時の歌声を聞かされた冬弥は、由綺が自分にかまけている場合ではないのを実感する。由綺の歌声を聴いている英二の表情は活き活きとしていて、彼が一番力を入れていて期待しているのは理奈ではなくて、由綺であるのが伝わりましたね。 由…
トラックバック:19
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第7話

「イメージはどんどん構築しなきゃ。ただでさえ、端から崩れてくものなんだから」 今回もサブタイトルが長過ぎて、タイトルに収まらなかったわい。 観月マナは冬弥が家庭教師で担当する事になった例の問題っ子だったんですね。 冬弥も前任者達と同様にマナの言動に頭を悩まされそうだが、成績は優秀なようです。 美咲は冬弥の実家で制作をする…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第6話

お題は「悩みを忘れるいい方法。他人のトラブルに首を突っ込んでみるってのは、どう?」 先週、NHKの関根勤の娘さんがMCをしている音楽番組で水樹奈々さんが「深愛」を唄っているのを偶然見ちゃいました。良い曲ですね。 冬弥は女難の相が出てますな(笑)。 篠塚は女としての自分の魅力に自信を持っているでしょうね。でなくちゃあ…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第4話「想像を超えて分かり合えてるって、感じる時がある。逆の時も多いけどね」

このアニメと関係ないけど、マクロスFのサントラ盤は良いねえ。気に入りました。マクロスFサントラいいよ、マクロスF。 雪が舞い散る夜空 二人寄り添い見上げた~♪ 水樹奈々さんの唄う、このアニメのOP曲も良いねえ、お気に入りになりました。 アイドルの二人、森川由綺と緒方理奈の声優さんは歌唱力があるからストーリーの中で是非とも聴かせて…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第3話「手と手、肩と肩、背中と背中、それから。服の上からだっていいんだ」

今回も長いサブタイトル。 ふ~ん。由綺の心情ですね。私の場合はあそことあそこじゃないとダメかもしれない(笑)。 理奈が「本日の女神は、まだ有効?」と藤井に電話をかけていた時に、由綺も藤井に電話をしていたんだな。その時、はるかが藤井のアパートを訪問。 はるかは、土曜日のオリエンテーションを自分が代わりに行ってあげようとおせっかい…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第2話「ずっと前から仕組まれてた、そんな出会いって、信じる?」

なんだか、今回も長いサブタイトルでしたね。 緒方理奈のマネージャーは、あれはだめだーっ(笑)。とてもじゃない。いかにも無能ってな感じですね。 はるかは、不思議少女のようで、何を考えているのか分からないな。 冬弥のバイト先の喫茶店に変装をした由綺と理奈がやって来た。 由綺は先に帰り、理奈と会話をする冬弥は緊張していて、その…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

WHITE ALBUM 第1話「そう、あの時はもう、スイッチが入ってたんじゃないかなあ」

原作を知らずに視聴をしましたが、既におっさんの私には懐かしい時代のアニメでした。 小泉今日子の「なんたってアイドル」が流行った時代で、あの頃にお洒落な短編テレビアニメ「ハートカクテル」が放送されていたんだよな。 ハートカクテルよりも宮崎アニメの「天空の城ラピュタ」の方が一般の人達には分かり易いかも(笑)。 主人公が大学生藤井冬…
トラックバック:21
コメント:0

続きを読むread more