テーマ:金色のコルダ

金色のコルダ ~primo passo~第1話 第1楽章

物語は、TVアニメシリーズの続編になっていましたね。 でも私は、キャラクターの名前をしっかり忘れていました。 コンクールでは、総合優勝者を決めてなかったから、柚木・土浦・月森の三名がファイナルを争い、見事に栄冠に輝いたのは孤高のヴィルトゥオーソ月森。 火原と土浦はヒロイン日野香穂子の恋敵同士なんだが、新たなライバル登場です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第25話「愛しのアヴェ・マリア」

柚木は留学の取り消しの為にイギリスにむかったんだってさーっ。金澤もそれは承知の事で、この二人にすっかり騙されたよ。見事に一本取られました(笑)。 最終セレクションを直前に控えて、香穂子の伴奏者である森さんが手に怪我をするアクシデント。 迷わず土浦は自分が伴奏をすると申し出るが、第一セレクションで香穂子を欺いたあの子が自分には資格…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第24話「心満たすハーモニー」

今回も前話に引き続いて途中からの視聴となりました。 冬海ちゃんは普通科の男子に人気があるんだね。ウブな感じが男子達を引き付けるのだろう。 かなやんは元気がなく黄昏ていました。この人はまだ辛い過去を引き摺っているみたいですね。そんなかなやんに気を使う香穂子は良い子ですね。 最終セレクションへ向けて香穂子は練習に励んでいた。練…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第23話「俺たちのカデンツァ」

土浦が良く通っている楽器屋さんの店主のオジさんは、この間香穂子と一緒に来ていた月森をどっかで見た事があるんだがと思い出せずにいた。同じ頃、火原もその楽器屋さんを素通りしたが、気になり戻って楽器屋さんの前で佇む。その時偶然に月森と出会い、火原は中1の時にショウウィンドウにシルバーのトランペットが飾られていてそれを見ながら音楽の道へ進もうと…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第22話「君のためのファンファーレ」

落ち込み悩んでいる火原に他人の演奏と比べるのではなく自分と競うようにアドバイスをする金やんは良い事を言うねえ。それでも火原のヘタレは変らなかった。 屋上から流れる火原のトランペットの音色を聴いて香穂子は、柚木が言っていた「もう一人音が変った」意味を知り火原を元気づけようと屋上へ。火原は自分が中学時代に有望な陸上選手であったが、大会…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第21話「もう一度、アンダンテ」

月森君は物腰が柔かくなったな。土浦君も自分の触れて欲しくない事を自分から喋っちまうし、柚木の調子が狂ちゃうんでねえーの ヴァイオリンの練習再開を決めた香穂子に月森は自分が贔屓にしているヴァイオリン職人さんの工房へ連れて行って見学をさせてもらう。普通のヴァイオリンはラベルが貼ってあるんだが、香穂子のにはついてなく、弦が一度に3本切れ…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第20話「涙色のロンド」

リリは自分が与えたヴァイオリンが原因で苦しむ香穂子にすまないと謝り、香穂子はリリにヴァイオリンを返そうとしたけど、猫が現われオジャンでした。猫には妖精が見えるのだな。猫にしてみればリリは格好の得物だね。 最終セレクションのミーティングでは、かなやんの柚木の不参加と香穂子もコンクールを辞退する事になるかもしれないとの言葉に、「なんで…
トラックバック:16
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第19話「失くした心のパヴァーヌ」

柚木 かなやんに最終セレクションの辞退をすると話しました。偶然にその会話を盗み聞いた一人の柚木ファンから柚木のイギリス留学、コンクール辞退の噂が瞬く間に学園内に広まる。そんな大事な話を柚木から一言も聞いていなかった火原はショックを受ける。その火原は香穂子から直接ヴァイオリンを辞めると聞いて更にショック受け、音楽を好きというだけでは限界が…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第18話「傷心のパルティータ」

傷心のバティかよ、ゴール前の嗅覚が鋭くまた動きも素早くて彼は素晴らしいストライカーだったな。そのバティじゃなくバッハに関係するパルティータだったのら。つーか題名を見て私はアルゼンチンのバティストゥータを思い出しました。ほとんどこのアニメとは関係ないですね。 ヴァイオリンの弦が切れ逃げる様に舞台から去った香穂子の後に演奏する柚木は、…
トラックバック:13
コメント:2

続きを読むread more

金色のコルダ 第17話「焦燥のクレッシェンド」

第3セレクションの本番が始まりました。 トップバッターは火原、ヴァイオリン教室以来何時もの陽気さが見えなくなり、演奏でもミスの連続でした。香穂子が心配なんだろうね。 志水君も出来は芳しくなく、本番に弱い冬海は香穂子先輩の延び延びとした演奏をイメージして上手かったよ。 土浦もどことなく表情が固く、大丈夫かなあーっと思っていたけど拍手…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第16話「うそつきなヴァイオリン」

王崎がコンクールに参加するメンバーに子供のヴァイオリン体験教室の助っ人を頼むが、土浦と柚木は都合が悪く断り、香穂子、志水、月森、火原が参加する事になった。 火原の楽しみだねえーっ香穂ちゃんの言葉に土浦がン? の表情でした。土浦君はバスケの怪我の後で二人には何かあったのではと感じたかもしれないですね。 子供達の前で即興のカルテット…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第15話「高鳴る胸のアリア」

コンクールの期間はサッカー部を休部してる土浦は、サッカー部の友人から「戻ってくるよな」と問われ、俺はどっちに戻るんだと考えて返答できなかった。 やはりピアノにも未練がある証拠と取れますな。 報道部の天羽が第3セレクションに参加する女子にコンクールに参加する男子五人衆は普段はどんな様子なのか聞いていたけど、志水君の事になるとデレッ…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第14話「乙女心のカプリチオ」

柚木が日野香穂子を香穂子と呼び捨てているのを拝見し、これからは私もあの子を香穂子と書く事にしますわ。 柚木の婚約者候補に将来の結婚を諦めさせようと、柚木は香穂子を自分の恋人として自宅へ招き婚約者候補の女性に紹介しようとしていた。学校から柚木の自宅へ向う二人が車に乗り込む時に香穂子の発した言葉に動転した火原は取り乱しながら、月森、土…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第13話「かげがえなきメロディ」

魔法のヴァイオリンを使用している負い目から香穂子は猛烈に練習をしていたが、中間試験を理由にリリからヴァイオリンを取り上げられてしまう。第3セレクションへの気持ちに流行る香穂子の中間試験の結果は無論散々だった。 香穂子は、ある女子生徒から図書室で忘れたノートがイニシャルから月森か土浦のだと思うけど誰のか知らないかと、問われていた時に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第12話「後ろめたさのピアニッシモ」

王崎先輩 ナイースでーす! 柚木の豹変に動揺した香穂子は友人達に柚木の相談を持ちかけようとするが、次々とタイミングを逃していた。そんな折りに優しく振る舞う柚木から二人で話しをしたいと持ちかけられ保健室で二人きりになる。二人っきりになっても優し接する柚木は、香穂子が第3セレクションも頑張ろうと思っているのを知った途端にブラックのスイ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第11話「白と黒のアダージョ」

アダージョってゆうのは、ゆるやかなに演奏するって事だろう。 何故に白と黒のアダージョなんだろう。 柚木の黒い面が出た事なんだろうか、でも緩やかではなく突然だったもんな。 あっ そうかあ兆候はあったのう。確かにアダージョだぬう 第2セレクションを終えた日に日野と冬海は、報道部のお姉ちゃんの家にお泊まり会。そこでのシャイな冬海の…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第10話「孤高のヴィルトゥオーソ」

久しぶりにリアルタイムで視聴する事が出来ました。いよいよ第2セレクションの本番ですね。 今回の題名は「孤高のヴィルトゥオーソ」辞書で調べてみると、元々は男性の博識者やその道の達人に使われる言葉だったらしいですね。現在では超一流の演奏家をヴィルトゥオーソと呼ぶらしいですよ。学生のコンクールの話に凄い題名を付けたものだな。 招待され…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第9話「安らぎのコンチェルト」

久方ぶりにコルダをかきま~す♪ 今回の日野ちゃんは、志水君との絡みが多かったですね。 チェロを抱え本に没頭しながら車が横行している道を渡ろうとする志水を見て呼び止める日野ちゃん。 ヴァイオリンの練習をしようと部屋を覗くと志水君が倒れていて、先日の月森を思い浮かべながら覗く寝顔は、王子様の様だったらしいぜ。寝顔を見ながら日野は志…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第6話「胸騒ぎのポルカ」

第2セレクションから新たに土浦がコンクールに参加することが発表され、その土浦も含めコンクールの参加者全員の合宿が始まった。合宿先は冬海家の大きな別荘。金持ちの別荘は違いますなあ(溜息)。 別荘で全員が集まっての最初のお食事。 早速担当の先生に第2セレクションのテーマは何かと尋ねる月森。彼の音楽に対する真面目な姿勢が伺えます。 …
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第5話「裸足のヴィブラート」

遂に第1セレクションの日が来ました。香穂子は無事に演奏できるのだろうか。その1点に注目して視聴しました。 学内コンクールなんだから、衣裳は制服のままでいいんでねえのーっと思っていた香穂子は、柚木の正装や冬海の可愛い衣裳を見て、どうしよう。私きいてないよーっ。だな(笑)。 リリの魔法で修道女の姿にさせられたりして、一時はどうなるかと思…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第4話「迷い心のワルツ」

年だなあーっ、二日経つとストーリーを忘れちまったがな(笑)。記憶が曖昧だけど書きます。 リリから大量の楽譜を貰った香穂子は、コンクールで弾く曲が決まらないでいたが、土浦がピアノで弾いていたショパンが気に入りヴァイオリンでもショパンを題材にした曲がないかと、楽器屋さんへと足を運びその店のおじさんから目当ての題材にした教材があるのを教…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第3話「匿名希望のショパン」

震えが止まらず、もう駄目だと思う香穂子。その様子を見て「ほーら 見なさーいあの子はヴァイオリンが弾けなくてよ」とほくそ笑む意地悪三人女子。だったが、香穂子が気になっていた火原が突然現われ香穂子の横でトランペットを吹き始め、その演奏に合わせて香穂子はヴァイオリンを弾き、2人の演奏は楽しいハーモニーを奏で、演奏後には大拍手を浴びた。 …
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第2話

香穂子は柚木のおっかけ性悪3人娘の前でヴァイオリンを弾くが、あまりの音の悪さに自分で弾くのを止めてしまう。「ゴラッーっ あたいらをバカにしてんのかあー 真面目に弾いてや」てな案配で3人娘に迫られる香穂子だったが、間に割って入った報道部の女子によって、演奏は1週間後に延期された。 香穂子に助け舟を出した形となっが、報道部にとっても美…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

金色のコルダ 第1話

ヒロイン日野香穂子が通う星奏学院は、普通科と音楽科が併設された伝統のある高校で彼女は普通科の2年生。私は「金色のコルダ」のゲームをプレイしたことがないから、あまり詳しい事は分からないが、星奏学院はエリートの音楽科と平凡な普通科とに差別をされているように感じた。そうそう制服も違っていたな。 星奏学院では、学校の敷地内にある鐘が鳴るの…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more