テーマ:ガンダム

機動戦士ガンダムAGE 第35話「呪われし秘宝」

前話をうっかり見逃していたんだが、アセムは生きていましたね。 行方不明だから、生きているとは思っていました。でもキャプテンハーロックのような海賊になっているとまでは予想できなんだな。 そのアセムの情報とイゼルカントから直接ゼハートに下された任務から、今後は宝探しがメインになりそうな。 次回はキオのガンダムが奪われるそうな。…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムAGE 第33話「大地に吠える」

キオの活躍で基地全滅の危機を脱した地球軍だが、敵の親分さんイゼルカントは故意にチャンスを与えているようで、何を企んでいるんだか。 キオとゼハートのマッチでは、ゼハートは機体のせいにしていたが、キオが押していましたな。この段階で、互角以上だからキオが能力を発揮するとどうなるのか、楽しみにはなってきたな。 もう一つの楽しみはゼハ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムAGE 第30話「戦場になる町」

老朽艦、ディーヴァの新艦長のお姉ちゃんのおどおどぶりにはまいりましたねえ。 あれじゃ隊員達が不安に感じて信頼を失うのが普通じゃが、回りが彼女をサポートして、なんとか成長してゆくんでしょうな。 MSの隊長がフリットを特別扱いしていない点はよかったが、フリットが傲慢な爺さんにも見えていたから、今後衝突しそうだな。 ゼハートと戦…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムAGE 第26話「地球 それはエデン」

ウルフがデシルと交戦中のアセムを庇って戦士。 まさかねえーっ ウルフがここへ来ての退場になるとは思わなかった。 アセムはウルフの戦士で涙を流すも、直ぐに怒りの矛先をデシルへと向けて、Xラウンダーの力を持つデシルを一方的に追い詰め遂に倒しちゃいましたねえ。その際、ゼハートはあえて兄を救おうとせず、ゼハートのゆるぎない志を感じました…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムAGE 第14話「悲しみの閃光」

ユリンとフリットが結ばれる可能性はなくなってしまったな。 力をつけてきたフリットに立ちはだかるデジルがユリンを操り、一度に二つの機体と戦うフリットは追い詰められ、デジルが引導を渡そうとしたときに、そうなるんじゃないかと予想はしていたよ。 ユリンがフリットをかばってもろにデジルの攻撃を受けフリットの目の前で逝ってしまいましたね。 …
トラックバック:5
コメント:4

続きを読むread more

機動戦士ガンダムAGE 第3話「ゆがむコロニー」

ユリンの力が大きかったな。 頼みのガンダムを操縦するフリットは冷静を欠く場面もあったが、予知の能力を持つユリンの手助けで、心を落ち着かせて1機のMSを仕留めるが、残りの1機がコロニー内に侵入してコロニーコアの切り離しの制御部分を破壊。 念の為に保険をかけていたヘンドリックは負傷をしながらも場所を移動してコロニーコア切り離しの作業…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムUC 第3話「ラプラスの亡霊」

覚醒したユニコーンがマリーダの機体を倒すシーンが一番印象に残ったな。 ニュータイプデストロイヤーシステム、通称NTDと言うらしい。 ニュ-タイプや強化人間を敵にした時に発するシステムで、一方的に戦闘放棄している敵をユニコーンがいたぶっているみたいで、目を覆いたくなる様な戦い方でした。 マリーダが良い人間に見えていただけに、ベッドで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムAGE 第2話「AGEの力」

短時間に敵を解析して進化した換装で戦えるガンダム。凄いですねえ。 UEの外から攻撃で崩壊の進むコロニーに住む住民を救う為にヘンドリック司令は住民達をコロニーコアに避難させ、新型ディーバでコロニーコアを牽引してコロニーから引っこ抜く計画を実行し、その際、自分はコロニーで死ぬ覚悟のようですな。 フリットの友達エミリーはコロニーコ…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムAGE 第1話「救世主ガンダム」

子供向けと聞いていたから、ぶっ飛んだバトルと雑な背景を想像しながらの視聴だったのだが、意外にもしっかりと描かれていて、この分だと自分的には楽しめそうです。 主人公は14歳でエンジニアのフリット・アスノ。見た目はもっと幼い小学生にも見えるのだが、一部の人達からは指示を得られそうなキャラクターになりそうだな。自分的にはガールフレン…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムUC 第2話「赤い彗星」

1話でマリーダがオードリーを姫様と呼んでいたから、ネオ・ジオンに関係する偉い人の娘さんだとは思っていたんだが、ミネバ・ラオ・ザビだとまでは思っていませんでした。 2話の目玉はシャーの再来や亡霊と唱われる仮面の男フル・フロンタル中佐とそのフル・フロンタルの乗る赤いモビルスーツMSシナンジュの戦闘シーン。カッコよかったですね。 バナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムUC 第1話「ユニコーンの日」

今日DVDが届いていたので夕食後に早速見ちゃいましたが、見ている間に焼酎を過ぎたちゃいました。とりあえず現時点の感想を書いといて、もっとまともな時に見直した後に改訂のつもりです。 交戦しているモビルスーツの機体が重そうに見えたけど、これは制作者の意図だったのでしょうかね。また若者達の顔が大きく見えたのも気のせいかな。 主人公…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダムUCのスタッフ発表

小説で人気の機動戦士UCのOVAが来春決まったようです。 原作は読んでいませんが、物語は初期ガンダムのアムロが戦った時代の何年後かのようでオジさんとしては楽しみですよ。 また、個人的に好きな声優さんの小山力也さん、浪川大輔さん、豊口めぐみさん、戸松遥さんが出演するらしく、これまた楽しみになのよねーっ。 春が待ち通しわーっ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #25「再生」

最終話は大将とエースの一騎打ちの戦いで幕開けして、リボンズに二人のイノベイダーが助太刀。大将リボンズの新型MSはガンダムに変身して、その性能はダブルオーを超えていましたね。苦戦する刹那にもアレルヤとロックオンが助太刀に入り、3対3となった戦闘シーンはスピード感と迫力があって、充分に楽しめました。 アレルヤとロックオンは機体の損傷を…
トラックバック:74
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #24「BEYOND」

今回も楽しめました。ガンダムは面白いですねえ。 ルイスは自爆する覚悟でダブルオーを捕獲するも、後から味方の特攻を受け刹那によって救出され沙慈と一緒に戦列を離脱。 意識を取り戻したルイスは目の前の沙慈の首を絞めようとする中、もう一人の自分と戦っているように見えましたが、意識を失う。沙慈の様子から死んでしまったように見えたけど、刹那…
トラックバック:63
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #23「命の華」

大半が戦闘シーンで面白過ぎて、あっとう間に終わった感じだな。 CBを援護するマネキンの戦術が上手くCB達の追い風となったが、リボンズは強力な量子型レーザービームを放ち、その一つの閃光で双方とも多くの損害を被り、アロウズは撤退。そしてまがまがしい巨大要塞が姿を見せた。その姿を目にしたスメラギはイノベイターから人類を解放する為にラストミッ…
トラックバック:68
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #22「未来のために」

盛り上がって来ましたね。何時もと同じオープンニングなのに何故か涙が出そうになった(笑)。 刹那との勝負に負けたミスターブシドーは最後迄、己の美学を貫こうとして刹那に自分にトドメを刺して欲しいと願うが、未来に向けて生き抜く決意の固い刹那は「生きる為に戦え!!」と言い残して去る。この刹那の未来の為に戦おうとする姿勢に沙慈は戦う決意を固…
トラックバック:62
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #21「革新の扉」

ホンロンだけでなく、ワン・リューミン、そしてネーナが死亡し、刹那はイノベイダーの力を手に入れ、地上ではマリナの平和を願う唄が流行の兆しです。物語が終わりに近づいてますね。 プトレマイオスにワン・リューミンから助けを求めているような連絡が届くが、プトレマイオス側では情報の送り手の正体が分かっていないから、イノベイダーの罠だと判断する…
トラックバック:59
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #20「アニュー・リターン」

今回の見せ場は、ライル(ロックオン)とアニューの戦闘シーンでしたね。 アニューはプトレマイオスのシステムにウィルスを汚染させて、お団子頭の子を人質にしてダブルオーを奪取しようと目論むが、刹那とライルのコンビプレイに阻まれ、小型機で逃亡、ヒリングはオーライザーで脱出するも、ハローのgood jobによってオーライザーを手放してアニュ…
トラックバック:56
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #19「イノベイターの影」

沙慈の言葉にルイスの心が傾きかけたが、今回も決裂。 でも、ルイスの心には刺さったと思うよ。後もう少しだ。ガンバレ沙慈。 沙慈の言動は憎しみに湧くソーマの頭をも冷やしたかもしれないねえ。ところが、この戦況を傍観していたブシドーさんはご不満なようで、彼には考えがあるようです。 その考えが、どんだか非常に楽しみです。 刹那がガンダ…
トラックバック:73
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #18「交錯する想い」

アンドレイは父親を討って昇進し、マネキン大佐は消息不明。 多分、アロウズの手法に疑問を感じて失踪したんじゃろう。そしてマリーは悲しみから憎しみへと心が変化をして、アレルヤに自分をマリーとは呼ばせないようになっていた。セルゲイの仇を伐つ、つもりだな。 メメントモリー2号機を破壊したCBは、ベーダの所在を知る為にイノベイダーの捕獲作…
トラックバック:60
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #16「悲劇への序章」

正規軍のクーデターによるアフリカタワーの占拠。 イノベイターというかリヴァイヴは、多分予測していたんでしょう。 密使を受けたセルゲイは単身でアフリカタワーへ。 首謀者でありセルゲイの古くからの友人の抹殺の命をうけたのでしょうか。 まあー、説得を任されたのでしょう。 アロウズのオートマトンが捕虜にしていた民間人をも虐殺を…
トラックバック:59
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #15「反抗の凱歌」

今年は劇場版ロボットアニメの豊作の年になりそうですね。 装甲騎兵ボトムズ、天元突破グレンラガン、エヴァンゲリヲン、交響詩篇エウレカセブン、マクロスF。 ガンダムがないのがちょっと寂しいな。 アロウズは総力を挙げてダブルオー不在で修復未完全のプトレマイオスを攻めて来た。 連邦でのクーデターの動きから、こうなるんじゃないかと予想…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #14「歌が聴こえる」

ガンダムのオープニング曲は男性ヴォーカルバンドにして欲しかったな。 そのオープニングの映像からすると沙慈とルイスは、よりが戻りそうですね。 メメントモリの破壊に成功したプトレマイオスはイノベイターからの猛攻を受けて地球へ不時着。損傷の酷さから当分は動けない状態。一方、プトレマイオスから逸れた刹那のダブルオーは宇宙でネーナの機体と…
トラックバック:56
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #13「メメントモリ攻略戦」

分散して四方からメメントモリを攻める物と予想していたんだが、シンプルな戦いでした。 カタロンがアロウズに一方的に攻められているとダブルオーが援護に現われ、刹那はカタロンからメメントモリに関する情報を得て、トレミーへ転送。 ネーナは独断でメメントモリの情報をトレミーへ流したのでしょうかね。 刹那とネーナからの情報を得たスメラギは…
トラックバック:62
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #12「宇宙で待ってる」

冒頭の映像はお笑いを誘う場面ではないのだろうけど、吹いちゃいました。 戦闘シーンでの残像を残した描写は格好良かったですね。 イノベイダーの乗るMSから発射されたビームを浴びながらも接近して来るダブルオーライザーは凄かったな。しかも機体が量子化をするとわな。反則だろう。まるで七星のコワクだよ。 ダブルオーライザーの力に苛立ちを隠…
トラックバック:50
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #11「ダブルオーの声」

セルゲイは生きていましたね。 セルゲイの危険を遠くで感じていたマリーは、その能力が災いして不幸になりそうだな。 スイール王国全土が焦土になったように見えたが、被害は首都圏全域だったらしい。 その悲惨な状況を見ながら驚喜するアリー。一方のリボンズは冷静で、ワン・リューミンは顔を強ばらせていた。 そのワン・リュウミンとネーナは互…
トラックバック:39
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #10「天の光」

カテキンはスメラギの目標とする戦術予報士だったんですね。 互いに最も敵にしたくない戦術予報士が、敵になっているのを知って、二人の胸が裂かれる思いが、ジャンジャンバリバリ伝わって来たな。 中東で最大の国力を持つスイール王国と連邦の武力衝突が起きそうな状況で、カタロンはスイール王国と手を組もうとしていた。一方、アロウズでは正規軍のセ…
トラックバック:60
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #9「拭えぬ過去」

開発途上のダブルオーとセラヴィーではサーシェスのアルケーには歯が立たないのが証明されたな。ケルディムとアリオスの援軍が側まで来ていると知ったサーシェスはリスクを考え撤退。 流石ですな。それに比べるとティエリアはロックオンの仇だからというのもあるけど、熱くなり過ぎていましたね。そんな奴だったかな。 帰投した刹那は沙慈にルイスと会っ…
トラックバック:73
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #8「無垢なる歪み」

リジェネからイノベイターに関する情報を聞いたティエリアの心に動揺が見えましたね。 そんな時にタイミング良くワン・リュウミンからアロウズの高官達が集まるパーティーが行われるとの情報がCBに流れ、ティエリアは自ら進んで潜入する。バックアップは刹那。 アロウズのマネキン隊に新型MSに乗って3人が参加。 そのメンバーの中に不死身の男で…
トラックバック:65
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #7「再会と離別と」

沙慈君は討てなかったな。それで良いのですよ沙慈君。 ミスターブシドーはダブルオーに引導を渡せるチャンスを掴むが、ダブルオーが未完成品だと知ると戦死喪失で、職場放棄でした。 万全の状態でのダブルオーを倒したいのだね。ブシドーの美学振りをブリーチのノイトラ様に見せたいものだな(笑)。 意識を取り戻したスメラギは迅速に指示を出し…
トラックバック:77
コメント:0

続きを読むread more