テーマ:神のみぞ知るセカイ

神のみぞ知るセカイ 第10話「あたしの中の……」

物静かな栞にはピアノの鍵盤の効果音がバッチシだな。 今回は、桂馬が故意に栞の気に触る事をやって、栞の心を揺さぶり、桂馬に対して栞がぎこちない感じで面と向って怒る場面があったものの、栞の心には桂馬への親しみのような感情が芽生えてましたな。 図書館の視聴覚ブースの設置で紙の砦が崩されるのを嫌がる栞の心を察した桂馬に妙案が浮かんだ…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

神のみぞ知るセカイ 第9話「大きな壁の中と外」

今回からのターゲットはもの静かで、度を過ぎるぐらいに本が大好な図書委員の汐宮栞。 栞が無口な分、逆に心の声が多かったですねえ。てか心の中ではかなりのおしゃべりで、一人で本を読んだりして自分の世界で妄想するのが好きなんでしょう。その一方で、自分の心を表に表現するのが苦手なようで、その辺りが原因で駆け魂に付け入られたのであろう。 …
トラックバック:30
コメント:0

続きを読むread more

神のみぞ知るセカイ 第8話「Coupling with with with with」

エルシィが桂馬に料理の腕を認めさせようと頑張る話でしたが、話がループしていて、これといって盛り上がりもなく見ていて眠くなっちゃったな。 でも印象に残っているシーンがございました。 アニメも熟女ブーム?ww 桂馬の母ちゃんの入浴シーンがナイスだったね。 そのシーンが3度も見れて、よかったのはその点だけ。 ゼロから …
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

神のみぞ知るセカイ 第7話「Shining Star」

コンサート直前に不安から自信をなくした中川かのんは、透明になって姿を消し、コンサート・スタッフと桂馬とエルシィは必死に探すが、なかなか見つからず時間だけが過ぎてゆく。 エルシィはカケタマセンターという便利な物があるのに気づくのが遅いよww。 桂馬を頼ろうとするかのんに、桂馬は「君は一人で輝いていける」と自信を持たせようとし、…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

神のみぞ知るセカイ 第6話「ワタシ平凡?」

リアルの女性に全く興味のない主人公桂馬が、地獄からやって来た可愛い悪魔エルシィに半ば強引に契約をしてしまった為にリアルの女性を否否ながら口説くストーリー。 今回のリアル・アイドルかのんちゃんで3人目だったかな? 初めての出会いからして、かのんの心には桂馬の印象が残り、今回は完全にかのんの相談相手になっちまって、桂馬は何度も振り回…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more