テーマ:大正野球娘

大正野球娘 第12話「土と埃にまみれます」

巴の大飛球やオユキのファインプレー、勘当したはずの父親の大声援を受けてヒットを放つ小梅の姿に、一度は逆転を許した朝香中から再逆転を奪いそうな雰囲気はあったが、9-8で力及ばずの桜花会だった。 相手チームが真面目に野球に取り組む姿勢を認め、晶子のわだかまりも消滅して、ついでに小梅と三郎の仲もいい感じで終わったな。 朝香中の試合…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘 第10話「私は何をする人ぞ」

このアニメは面白いねえ。特に肝試しと鏡子が巴の長風呂におつきあいして沈むシーンが最高じゃた。 今回は朝香中との試合に向けての合宿。 予定では小笠原家の別荘を使う事になっていたが昨晩の嵐で被害を受け、急遽集会場を利用する事になった。 主役は巴に恋いこがれる鏡子。 彼女の合宿の第一目標は野球が上手くなる事よりも巴にお近づきに…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘 第9話「誤解の多い料理店」

晶子さんはサイドスローに投球ホームを代えたようですね。 皆さん上手くなりました。 朝香中に正式に試合を申し込むのだが、朝香中では男女差別と受け取れそうな文面で拒否。ところが、小梅達を応援している爺さんが朝香中に影響力を持つ人物だった事から公式試合が決定。 公式試合だと野球をやっている事がバレそうだな。でも思わぬ展開になっちゃい…
トラックバック:26
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘 第8話「麻布の星」

よっ 十番小町 小学生との試合の最終回で小梅は晶子の魔球を取れずに逆転負け。その試合後、映画関係の人がヒロインの代役を求めにやって来た。 希望は美人でおしとやかで知性を持ち、運動神経も良く、この後が肝心なのね。泳げる人。 そのお眼鏡にかなった子が小梅。 小梅は乗る気ではなく学校も厳しいから、この話はなかった事になりそうで…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘 第7話「麻布八景娘戯」

小梅は巴に誘われ夜な夜な「辻打ち」に付き合わされていたが、巨漢毛ムクジャラの獣が犯人らしいとの噂も飛び交う状態で、桜花会のメンバー達は巴が犯人だとは思っていなかった。 最近の小梅と巴の仲に不自然さを感じた晶子は二人が犯人だと知り、小梅を自分の「辻投げ」に同行させ、翌日、巴と晶子は小梅を挟んで小梅の奪い合い状態。 結局3人で「辻打…
トラックバック:22
コメント:2

続きを読むread more

大正野球娘 第6話「球は広野を飛び回る」

アンナ先生が事情があって、留守をしている間に桜花会は小学生を練習試合相手にして3試合をこなす。 最初は散々だったが、乃枝の作戦で2試合目は試合らしくはなったが、桜花会はバッテリーの呼吸が合わずに、惜しくも敗戦。そんな訳で乃枝は小梅と晶子を野球を仲人とした夫婦にさせる作戦に出る。これが上手く働き3戦目の晶子は小梅の指示通りの投球を見…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘 第4話「これから」

朝香中学の試合で滅多打ちにされた晶子とタイムリーエラーの鏡子が酷く落ち込んで部活に顔を出さなくなり、晶子は学校も休んでる状態。そんな時に天候も悪く練習は出来ず、あげくに新聞部の記子が退部したいと言い出し、桜花会は存亡の危機になってしもうた。 小梅は晶子が心配になって小笠原家に見舞いに行くが、晶子の状態は変わらず、そんな時に先の対戦…
トラックバック:13
コメント:0

続きを読むread more

大正野球娘 第3話「娘九つの場を占めて」

展開が早いなあーっ。 同好会としての許可が下りると、あばら屋の部室を皆でリフォームをし、グランドの草取りの後、練習開始。最初はヘタだったのが、なんとか野球が出来るレベルにまで上達し、無謀とも云える中学男子と練習試合になった。 その中学の野球部には晶子が野球を始めるきっかけとなったフィアンセが所属。また小梅が通学途中で衝突しそうに…
トラックバック:15
コメント:2

続きを読むread more

大正野球娘 第2話「春の長日を恋ひ暮らし」

大正時代は知らないけど、大正っぽいオープニングソングに思えるんだよなーっ。大勢で唱っているせいかしら。 浪漫ちっくストライクランティス 2009-07-22 小笠原晶子(中原麻衣),川島乃枝(植田佳奈),宗谷雪(能登麻美子) 鈴川小梅(伊藤かな恵) Amazonアソシエイト by ウェブリブログ 成る程、晶子が攻…
トラックバック:19
コメント:2

続きを読むread more

大正野球娘 第1話「男子がすなるという、あれ」

大正時代の野球を全く知らない女学生が野球をすなるお話ですね。 なんだか新鮮さを感じただな。 大正時代だと頭に浮かぶのは帝都物語にサクラ大戦もあの時代だったけ? そうそう、はいからさんが通るがあったのう。 主人公はホッペが赤くてオカッパ頭の鈴川小梅ですね。 小梅が通う女学校では袴姿とセーラー服が入り乱れてますなあww 小梅は…
トラックバック:17
コメント:9

続きを読むread more