テーマ:機動戦士ガンダム00

機動戦士ガンダム00 2nd #25「再生」

最終話は大将とエースの一騎打ちの戦いで幕開けして、リボンズに二人のイノベイダーが助太刀。大将リボンズの新型MSはガンダムに変身して、その性能はダブルオーを超えていましたね。苦戦する刹那にもアレルヤとロックオンが助太刀に入り、3対3となった戦闘シーンはスピード感と迫力があって、充分に楽しめました。 アレルヤとロックオンは機体の損傷を…
トラックバック:74
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #24「BEYOND」

今回も楽しめました。ガンダムは面白いですねえ。 ルイスは自爆する覚悟でダブルオーを捕獲するも、後から味方の特攻を受け刹那によって救出され沙慈と一緒に戦列を離脱。 意識を取り戻したルイスは目の前の沙慈の首を絞めようとする中、もう一人の自分と戦っているように見えましたが、意識を失う。沙慈の様子から死んでしまったように見えたけど、刹那…
トラックバック:63
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #23「命の華」

大半が戦闘シーンで面白過ぎて、あっとう間に終わった感じだな。 CBを援護するマネキンの戦術が上手くCB達の追い風となったが、リボンズは強力な量子型レーザービームを放ち、その一つの閃光で双方とも多くの損害を被り、アロウズは撤退。そしてまがまがしい巨大要塞が姿を見せた。その姿を目にしたスメラギはイノベイターから人類を解放する為にラストミッ…
トラックバック:68
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #22「未来のために」

盛り上がって来ましたね。何時もと同じオープンニングなのに何故か涙が出そうになった(笑)。 刹那との勝負に負けたミスターブシドーは最後迄、己の美学を貫こうとして刹那に自分にトドメを刺して欲しいと願うが、未来に向けて生き抜く決意の固い刹那は「生きる為に戦え!!」と言い残して去る。この刹那の未来の為に戦おうとする姿勢に沙慈は戦う決意を固…
トラックバック:62
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #21「革新の扉」

ホンロンだけでなく、ワン・リューミン、そしてネーナが死亡し、刹那はイノベイダーの力を手に入れ、地上ではマリナの平和を願う唄が流行の兆しです。物語が終わりに近づいてますね。 プトレマイオスにワン・リューミンから助けを求めているような連絡が届くが、プトレマイオス側では情報の送り手の正体が分かっていないから、イノベイダーの罠だと判断する…
トラックバック:59
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #20「アニュー・リターン」

今回の見せ場は、ライル(ロックオン)とアニューの戦闘シーンでしたね。 アニューはプトレマイオスのシステムにウィルスを汚染させて、お団子頭の子を人質にしてダブルオーを奪取しようと目論むが、刹那とライルのコンビプレイに阻まれ、小型機で逃亡、ヒリングはオーライザーで脱出するも、ハローのgood jobによってオーライザーを手放してアニュ…
トラックバック:56
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #19「イノベイターの影」

沙慈の言葉にルイスの心が傾きかけたが、今回も決裂。 でも、ルイスの心には刺さったと思うよ。後もう少しだ。ガンバレ沙慈。 沙慈の言動は憎しみに湧くソーマの頭をも冷やしたかもしれないねえ。ところが、この戦況を傍観していたブシドーさんはご不満なようで、彼には考えがあるようです。 その考えが、どんだか非常に楽しみです。 刹那がガンダ…
トラックバック:73
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #18「交錯する想い」

アンドレイは父親を討って昇進し、マネキン大佐は消息不明。 多分、アロウズの手法に疑問を感じて失踪したんじゃろう。そしてマリーは悲しみから憎しみへと心が変化をして、アレルヤに自分をマリーとは呼ばせないようになっていた。セルゲイの仇を伐つ、つもりだな。 メメントモリー2号機を破壊したCBは、ベーダの所在を知る為にイノベイダーの捕獲作…
トラックバック:60
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #16「悲劇への序章」

正規軍のクーデターによるアフリカタワーの占拠。 イノベイターというかリヴァイヴは、多分予測していたんでしょう。 密使を受けたセルゲイは単身でアフリカタワーへ。 首謀者でありセルゲイの古くからの友人の抹殺の命をうけたのでしょうか。 まあー、説得を任されたのでしょう。 アロウズのオートマトンが捕虜にしていた民間人をも虐殺を…
トラックバック:59
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #15「反抗の凱歌」

今年は劇場版ロボットアニメの豊作の年になりそうですね。 装甲騎兵ボトムズ、天元突破グレンラガン、エヴァンゲリヲン、交響詩篇エウレカセブン、マクロスF。 ガンダムがないのがちょっと寂しいな。 アロウズは総力を挙げてダブルオー不在で修復未完全のプトレマイオスを攻めて来た。 連邦でのクーデターの動きから、こうなるんじゃないかと予想…
トラックバック:11
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #14「歌が聴こえる」

ガンダムのオープニング曲は男性ヴォーカルバンドにして欲しかったな。 そのオープニングの映像からすると沙慈とルイスは、よりが戻りそうですね。 メメントモリの破壊に成功したプトレマイオスはイノベイターからの猛攻を受けて地球へ不時着。損傷の酷さから当分は動けない状態。一方、プトレマイオスから逸れた刹那のダブルオーは宇宙でネーナの機体と…
トラックバック:56
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #13「メメントモリ攻略戦」

分散して四方からメメントモリを攻める物と予想していたんだが、シンプルな戦いでした。 カタロンがアロウズに一方的に攻められているとダブルオーが援護に現われ、刹那はカタロンからメメントモリに関する情報を得て、トレミーへ転送。 ネーナは独断でメメントモリの情報をトレミーへ流したのでしょうかね。 刹那とネーナからの情報を得たスメラギは…
トラックバック:62
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #12「宇宙で待ってる」

冒頭の映像はお笑いを誘う場面ではないのだろうけど、吹いちゃいました。 戦闘シーンでの残像を残した描写は格好良かったですね。 イノベイダーの乗るMSから発射されたビームを浴びながらも接近して来るダブルオーライザーは凄かったな。しかも機体が量子化をするとわな。反則だろう。まるで七星のコワクだよ。 ダブルオーライザーの力に苛立ちを隠…
トラックバック:50
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #11「ダブルオーの声」

セルゲイは生きていましたね。 セルゲイの危険を遠くで感じていたマリーは、その能力が災いして不幸になりそうだな。 スイール王国全土が焦土になったように見えたが、被害は首都圏全域だったらしい。 その悲惨な状況を見ながら驚喜するアリー。一方のリボンズは冷静で、ワン・リューミンは顔を強ばらせていた。 そのワン・リュウミンとネーナは互…
トラックバック:39
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #10「天の光」

カテキンはスメラギの目標とする戦術予報士だったんですね。 互いに最も敵にしたくない戦術予報士が、敵になっているのを知って、二人の胸が裂かれる思いが、ジャンジャンバリバリ伝わって来たな。 中東で最大の国力を持つスイール王国と連邦の武力衝突が起きそうな状況で、カタロンはスイール王国と手を組もうとしていた。一方、アロウズでは正規軍のセ…
トラックバック:60
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #9「拭えぬ過去」

開発途上のダブルオーとセラヴィーではサーシェスのアルケーには歯が立たないのが証明されたな。ケルディムとアリオスの援軍が側まで来ていると知ったサーシェスはリスクを考え撤退。 流石ですな。それに比べるとティエリアはロックオンの仇だからというのもあるけど、熱くなり過ぎていましたね。そんな奴だったかな。 帰投した刹那は沙慈にルイスと会っ…
トラックバック:73
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #8「無垢なる歪み」

リジェネからイノベイターに関する情報を聞いたティエリアの心に動揺が見えましたね。 そんな時にタイミング良くワン・リュウミンからアロウズの高官達が集まるパーティーが行われるとの情報がCBに流れ、ティエリアは自ら進んで潜入する。バックアップは刹那。 アロウズのマネキン隊に新型MSに乗って3人が参加。 そのメンバーの中に不死身の男で…
トラックバック:65
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #7「再会と離別と」

沙慈君は討てなかったな。それで良いのですよ沙慈君。 ミスターブシドーはダブルオーに引導を渡せるチャンスを掴むが、ダブルオーが未完成品だと知ると戦死喪失で、職場放棄でした。 万全の状態でのダブルオーを倒したいのだね。ブシドーの美学振りをブリーチのノイトラ様に見せたいものだな(笑)。 意識を取り戻したスメラギは迅速に指示を出し…
トラックバック:77
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #6「傷痕」

アンドレイ→ルイスになるとは予想もしていなかったな(笑)。そしてスメラギの傷痕は深いものでした。 ワン・リュウミンはアロウズとCBを上手く操っているな。銀英伝のルビンスキーと似た考えで動いているのでしょう。彼女がネーナを拾ったのもネーナの持つ脳量子波を重用しての事ですね。 そういば、ホンロンをお兄様と呼んでいたような。もしかして…
トラックバック:62
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #5「故国燃ゆ」

カタロンはCBと手を結んで共に連邦と戦おうと提案をするが、CBではお粗末なカタロンの軍事力では話にもならないからと拒否。そして自分達が保護をしたマリナと沙慈の保護をカタロンに頼み、カタロン側では了承。 カタロンに保護をされるのが決まったお二人さんは、逃げ出しちゃうんだよな。 刹那はマリナの本国へ戻りたいとの願いを受け入れ、CBの…
トラックバック:50
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #4「戦う理由」

今迄CBのニューガンダムの全てをダブルオーガンダムだと勘違いしていました。 刹那→ダブルオー、ロックオン→ケルディム、アレルヤ→アリオス、セラヴィー→ティエリアでしたのね。 ソーマがアレルヤの名付け親だったのですね。恩返しをしなくちゃいけないねえ。 祖国を見捨てる事の出来ないマリナは国に戻る決意が固く、CBはマリナをアザデ…
トラックバック:50
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #3「アレルヤ奪還作戦」

自分がイオリア・シュヘンベルグの意志を継ぐものと思っているリボンズは同じ収監所にマリナとアレルヤを収監して、その情報をワン・リューミンの下部となったネーナがキャッチして情報は直ぐにソレスタルビーイングに流れた。 リボンズはガンダムを誘き寄せる為の餌を仕掛けた訳だ。 ソレスタルビーング側ではアレルヤの奪還に意欲満々で、自分はソ…
トラックバック:48
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2nd #2「ツインドライヴ」

刹那が留守の間、ティエリアは刹那の新しいガンダムOOの起動テストをするが上手くいかないでいた。この新しいガンダムOOにはOガンダムとエクシアの太陽炉搭載され、これが今回のお題「ツインドライヴ」な訳だ。 刹那が会っていた人物はロックオンの弟でしたな。顔が似過ぎで紛らわしいぞ。 アロウズの制服はなんだか料理のコックのような制服に見え…
トラックバック:63
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 2ndシーズン #1「天使再臨」

最終決戦から4年後、あの人もあの人もそしてあの人も生きていましたね。 世界は統一に向っていて反政府勢力や思想への弾圧に独立治安維持部隊「アロウズ」が動いていた。その組織の頂点に立つのがリボンズ・アルマーク。 アザディスタン王国でマリナ・イスマールの秘書をやっていたシーリン・バフティヤールは反政府の「カタロン」に身を置き、ちょっとイメ…
トラックバック:54
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 MISSION-25 刹那

最終話の題名が「刹那」と来たか。殆どが戦闘シーンで堪らんかったな。 「刹那・F・セイエイ目標を駆逐する」と台詞を吐いたエクシアの攻撃にアレハンドの操縦するモビルアーマーはびくともせず、エクシアとGNアームズは合体。 大破したキュリオスはトランザムシステムでソーマに襲いかかり、ソーマを庇うセルゲイは機体もろとも損傷。その際に力…
トラックバック:55
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 MISSION-24 終わりなき詩

今回もプトレマイオス側ではクリスティナ・シエラとリヒテンダール・ツエーリの2名が死亡。1シーズンの完に向けてバタバタと逝っちゃうな。 刹那が始めてマイスターの新参者のとして紹介された時、ティエリアとアレルヤは少年の刹那を見て疑問視していたけど、ロックオンだけが刹那を温かく迎えてくれたんだね。先のロックオンが亡くなった戦況の映像を見…
トラックバック:54
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 MISSION-23 世界を止めて

まさか、ガンダムマイスターの一番の適任者と思われるロックオンが逝かれるとは・・・・ショックです。 ロックオンの姿を見て、アイルランドサッカーにこの人有りのスパーズの熱い魂のFWロビー・キーンが頭に浮かんだよ。そういえば、マンUのロイ・キーンもアイルランド人だったような。 ロイ・キーンも闘将だったよな。 敵が強すぎる? てやんでーっ…
トラックバック:56
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 MISSION-22 トランザム

刹那のガンダムエクシアが、主役は俺だぞーっと存在感を見せつけたお話だったな。 デュナメスの損傷は激しく、ロックオンは効き目をやられて集中治療室にいたが、「俺が寝ていると気にする奴がいる」と部屋を飛び出し、案の定ティエリアは自分のせいでロックオンを傷つけてしまった事と、ヴェータとの接触が不可能になった事で自分はマイスターに相応しくな…
トラックバック:52
コメント:1

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 MISSION-21 滅びの道

誰かお願いします。コーラサワーの首を絞めてケロ!!! 彼を止めるお方は、やっぱーケロロ軍曹しか思いつかんばいww 絹江の遺体を確認した沙慈は、絹江の同僚から絹江がソレスタルビーイング絡みの情報を追っていたのを聞かされる。踏んだり蹴ったりだな。人格が変わらなければよいがのう。 連合軍はトリニティの基地とプトレマイオスに向けて…
トラックバック:59
コメント:0

続きを読むread more

機動戦士ガンダム00 MISSION-20 変革の刃

沙慈は看護師からガンダムのビーム兵器には細胞障害を起こす物が含まれていて、ルイスの失った手の再生治療が不可能になっているのを聞かされ悲しむ。彼は今後どうするのかな。 世界では大国の3国が国連管理下の元に軍事同盟を結び、ソレスタルビーングの第一段階の計画がトリニティの働きもあって完了した形となったが、地上で刹那とロックオンと共にその…
トラックバック:64
コメント:0

続きを読むread more