テーマ:夏目友人帳

夏目友人帳(肆) 第2話「当方の森」

いい話でした。エンディングも優しい感じで、このアニメとマッチしてますね。 夏目を慕って東方の森の妖や祓い屋の的場組から夏目を守ろとする妖怪達と夏目の距離感が、自然でいいよなあ。見ていている自分の心が清くなりそうだわ。 いいアニメです。 夏目友人帳 肆 1【完全生産限定版】 [Blu-ray]アニプレックス 2012…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第十三話 夏目遊戯帳

三ヶ月後に、また夏目達と会えるのねえ。 影踏み鬼ですか。 私にも、微かに遊んだ記憶があります。 無邪気な夏目組の妖怪達。 人間よりも、心が澄んでいる妖怪達かも知れませんね。 また、ニャンコ先生も夏目の心の内を察しているようで、普段は悪態をついているけど 鯔背な妖怪ですね。 最終話も夏目友人帳らしく、普段通りの心…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第十二話 帰る場所

夏目は藤原家に引き取られる少し前に、ある妖怪に絡まれてというか気に入られて困っていた。 夏目は自分で、その妖怪を封じたのだが、その妖怪が現われ、あてられて倒れてしまい、ニャンコ先生に当時の事を語る。 当時の夏目に是非にものような感じで来て欲しいと言ってくれた藤原夫妻が、夏目にとっては、どれだけ嬉しかったかネ。 今の夏目には…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第十一話 映すもの

前回からの続きで、田沼にとりついた妖怪の鏡探し。 とりついた妖怪のおかげで、田沼は今までは知り得なかった夏目の世界を知り、また夏目にも、あの妖怪は田沼の心を伝えていて、田沼と夏目の距離は近づいたかな。 妖怪は田沼と夏目の様子を見て、関係の似ている自分と友人の妖怪を重ねていたんでしょうな。 妖怪さんの別れの場面の淡いかん…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第九話 秋風切って

文化祭を楽しもうとする夏目だが、文化祭の人ごみ紛れて悪さをしそうな妖怪の事が気がかり。 そんな夏目を体調が悪いんじゃないかと心配をする学校の友人達。 本来なら妖怪がどうのこうのと云えるのが一番なんだが、過去の経験から友達が離れていくんじゃないかと考え、本当の事を敢えて言わない夏目。それはやっかいになっている藤原夫妻に対してもな訳…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第八話 子狐のとけい

矢島ボイスはいいもんだ。 嵐が来るのに夏目の力になりたい子狐が危険を顧みずに朧草が生えている崖に向っているのをニャンコ先生が夏目に知らせたのでしょうな。 人間と物の怪の違う時間を生きる二人の逢瀬。 恋人でもないから、ちょっと違うかな。 でも会えただけでも良かったじゃないの。 夏目は茶碗にニャンコ先生の顔を書いていた…
トラックバック:15
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第七話 祓い屋

ねこまんじゅう いいあだ名です。 事の発端は的場に使えていた女性の的場への復讐ではあったが、的場が遥かに上手だったな。 夏目と名取、そしてにゃんこ先生までも的場に踊らされたいたようで、悔しいねえ。 的場が少しは慌てるところもみたかったんだがな。 祓い屋家業としては名取を寄せ付けない位に凄腕なんでしょうな。 好きになれね…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第六話 人ならぬもの

にゃんこ先生の反対を押切って夏目は、妖怪助けに動いていると、あぶないところを名取に助けられ、妖怪を襲っている犯人は妖怪ではなく、妖祓い屋の大手、的場一門の頭首らしいと分り、夏目は名取と共に調査を進めると順調に的場の足取りを知る事になるが、的場の罠だったようですね。 名取とにゃんこ先生が部屋を離れた隙に的場は妖怪を使って夏目を誘い出…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第五話 蔵にひそむもの

今回はタキの家で蔵掃除を田沼と一緒に手伝うことになった夏目が生前にタキの祖父が偶然に長い間封印していた悪い妖怪の封印を解いてしまって、騒動となった話。 夏目達がタキの屋敷に入る前からタキの捕われになっていたニャンコ先生は、馳走のヨウカンを貰ったから先に帰ったものの、夏目の帰りが遅いからとタキの家に戻ってみて正解でしたな。 妖…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第四話 幼き日々に

今回も心根の優しい妖怪さんと夏目のお話。 小学生の頃、周囲の人間から敬遠されて、いつも一人ぼっちの夏目を気にかけて興味を抱いている妖怪さんだったが、妖怪さんのちょっとした悪戯が、二人を遠ざけることとなって、時は過ぎ去るも、春夏秋冬変わらずに夏目の息災を気にかけている妖怪さん。 友人達と電車で通る光景に少年の頃の思い出した夏目は、…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第三話 偽りの友人

夏目の小学時代の同級生だった他校の男子高校生の柴田と村崎という名前の女子高生の格好をした妖怪のせつなさのある淡い恋の話でした。 自分が思いを寄せている村崎が妖怪ではなかろうかと気にしている柴田が夏目に村崎を会わせて判断をしてもらうと、夏目は普通の人間だよと笑い飛ばす。 ところが帰宅してから、にゃんこ先生の一言とその夜に見た夢が気…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第二話 浮春の郷

田沼の親父が留守になっていたのが原因で復活した妖怪は、他の妖怪達から恐れられていたけど、本人は自分の瘴気のせいで弱い妖怪に害を与えている事に対して気にしていたようで、見た目は凶暴そうだけど、実は心根が優しく、桃源郷のような浮春の郷に相応しい妖怪だったんだな。 見かけだけでは、判断してはいけませんなww 一方の同じ郷の悪の女妖…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳(参) 第一話 妖しきものの名

楽しみにしていた夏目友人帳の三期が放送開始。 このアニメに中孝介の歌声はバッチシだな。癒されます。 影茶碗の知らせる災厄は貴志に対してだったんですね。 偶然出会ったオババも貴志の祖母レイコと関わりのある妖で、オババの話していた鏡の妖はレイコだったのでしょうが、もうろくしているオババは記憶が曖昧になっていたんだね。 てな訳で怪…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第十三話 ―秋の夜宴―

ニャンコ先生は最高だねえ。笑わせてもいました。その一方で夏目貴志と田沼、そして藤原夫妻の人柄の良さも伝わったな。 神社のお祭りの縁日の手伝いをしている笹田に夏目が捕まって、田沼が上手く気転を働かせて、まんまと出し抜き二人は田沼の家へ。ところがニャンコ先生を忘れていたのに気づいた二人は探しに出る。一方のニャンコ先生は縁日に出す食べ物…
トラックバック:10
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第十二話 ―五日印―

森の中で蜘蛛の巣にひっかかったカエルを助けようとした夏目は、妖怪を喰らっている邪鬼の姿を見てしまう。 見たな~~~ 夏目は邪鬼から腕に呪いの印『五日印』を受け、その印は日に日に大きくなり、それに反比例して夏目の体は衰弱。 本来、夏目の用心棒であるニャンコ先生は、うっかり呪いの印を触れて体が小さくなったり大きくなったりで霊力が…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第十一話―ニャンコ徒然帳―

ニャンコ先生が主役を張ったお話でした。 夏目が友達から借りたCDをニャンコ先生が踏みつけて壊しちまった。夏目はついついニャンコ先生に出て行けーっ!! と怒鳴りちらし、ニャンコ先生も 「ああ 出て行ってやるよーっ」てな感じでニャンコ先生は家を飛び出した。 家を飛び出したニャンコ先生だが、妖怪達の自分に対する陰口を聞いてしまって八つ…
トラックバック:18
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第七話――子狐のぼうし――

夏目と妖の子狐が友人になるお話。 恥ずかしがり屋さんで、あどけさが残っていて、とっても可愛い子狐の役を矢島晶子さんが上手く引き出していて、私は子狐に愛しさを感じましたよ。 我が家の家族にでもしたい子狐だった。 妖怪に虐められている所を夏目に助けられた子狐は、人間は嫌いだけど夏目が気になり、夏目を遠くから眺めていた。 子狐の目…
トラックバック:23
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第六話

――水底の燕―― 夏目にとり憑いた妖怪、燕ちゃんは人間好きで、とっても良い子でしたね。 彼女が燕のヒナだった頃、巣から落ち、心ある人間が彼女を巣に戻してくれたのだが、人間の匂いのついた彼女は家族から嫌われ、やがて鬼になってしまう。その時、毎日餌を与えに来てくれた親切な人間に一目でも会いたいとの願いから夏目に取り憑き、夏目は彼…
トラックバック:27
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第五話

――心色の切符―― 油揚げは、味をたっぷりとしみ込ませて最後に頂きとうございます。 レイコの古い電車の切符を見つけた夏目は、その切符に書かれた場所へ行こうと決めるが、その前に笹田に切符の事を知られ、笹田は興味を持ち夏目につきまとう。笹田の行為にまいっている夏目を田沼が援護して、ニャンコ先生と共に目的地の無人駅に到着すると、レ…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第四話

――時雨と少女―― 連日の猛暑で、カッパさんも大変じゃのう。 夏目に肝試しに参加するよう、熱心に誘う笹田さんには、ちゃんとした理由がありましたね。 中学生の時に同じ旧校舎で肝試しをした時にとても大切にしていたお守りをなくした。その時、人間を嫌って悪さをする妖怪・時雨が見つけてくれた。笹田さんが、一言お礼を言う前に時雨は去り、そ…
トラックバック:20
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第三話

――八ツ原の怪人―― 友人帳を目当てに会いに来る妖怪達のお陰で、夏目は寝不足になりそうだな。 用心棒役のニャンコ先生はお酒の方も大好きなようで、どっかのお神酒でも呑んだのかな。 夏目の住まいを訪ねに来る妖怪の殆どは友人帳が目当てなんだが、自分達の住処に来て意地悪をする人間退治をして欲しいとの依頼でしたね。その頃、夏目の通う…
トラックバック:22
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第二話

――露神の祠―― ニャンコ先生は、普通の人達からでも見る事の出来る珍しい妖なんですな。夏目がお世話になっている家の飼い猫になったらしいが、グルメだから餌代にかかりそうですな。 今回名前を返して欲しいと現われた妖は露神様。小人の様な小さい妖でしたが、昔は人間と同じ位の体格だったそうじゃ。体が小さくなった原因は、供物がめっぽう減…
トラックバック:25
コメント:0

続きを読むread more

夏目友人帳 第一話

――猫と友人帳―― これからの季節にぴったりなアニメですね。 主人公の夏目貴志は小さい頃から妖怪を見る事ができたために周囲から気味悪がられ、疎まれていた。貴志の祖母レイコも貴志と同じ様に妖怪が見えていたため、人間の友人が出来ずに妖怪達が遊び相手だったのでしょうね。その祖母は手下にした妖怪達に名前を書かせていた。それが孫の貴志が持…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more