テーマ:クロスゲーム

クロスゲーム 第50話(最終回)「世界中で一番・・・」

クローバーは幸福をもたらすと云う豆科の多年草。 一年間に渡って放送されたこのアニメも終わりましたね。 純平さん おめでとうございました。 試合は12回の表にツーアウトランナーなしで光がバックスクーン横に大きなホームランを叩き込んで星秀学園が再び1点リードで、その裏の竜旺学院の攻撃は1番バッターから。 先頭打者の鋭い三塁線の打…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第49話「楽しんでるか?」

星秀学園が1点のリードを守って、いよいよ最終回。 光は2塁にランナーを背負うも、遂にツーアウト。このバッターを打ち取れば夢の舞台へ。だったはずが、相手バッターの平凡なゴロがイレギュラーを起こして、2塁ランナーがホームをつき、ゲームは振り出しへ。 全く持って昨年と同じ嫌な展開になってきましたね。 10回の表裏は互いに4番バッター…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第48話「よし」

選抜優勝校の竜旺学院と星秀学園の決勝戦が始まりました。 あかねちゃんの手術を見守っていた青葉はタクシーの中での解説者の星秀学園への評価にムッとしながらも、なんとか光の1回裏の立ち上がりの投球に間に合う。 光のトップバッターへの初球はベースから大きく外れた156キロのストレートのボール球。その後も球威のあるストレートのボール球が続…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第47話「ウソついてもいいか?」

今回は竜旺学院との決勝戦が始まる直前までのストーリー。 あかねの手術を見届けた青葉は手術の結果が成功であったら球場で観戦している紅葉にVサインの合図を送らせると光に約束をしたのでしょうな。 必死に紅葉の姿を探す光の姿を一葉が見つけ、「光ちゃんがこっちを見てるわよーぅ」と紅葉に知らせると紅葉は光に対して自然にVサインを送っての僅かな時…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第46話「やーな感じだなァ」

星秀の準決勝の相手は全ての試合を僅差の逆転で勝ち上がって来た、いやらしさのある西倉高校。 あかねの病状が赤石のバッティングに影響を与えそうなのと星秀の監督さんが西倉の野球を嫌っている感じからやーな感じの立ち上がりでしたね。でも光の力は西倉がこれまで対戦した投手とは別格だったのでしょう。初回こそ点を取られたものの0を並べ、西倉が得意とす…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第44話「失投・・・か?」

三木のチームとも云える無名校・都立瀬名と星秀学園の試合は予想通りの好ゲームでした。 星秀は毎回塁を埋めるも三木の粘り強い投球で残塁の山を築き、光のピンチは何回だったか忘れたけど、ショート千田がエラーをして2塁までランナーを進められたぐらいで、終わってみれば9回ツーアウトまでノーヒットノーラン。最後の一人になるはずだった三木には失投だろ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第43話「あいかわらずだな・・・」

地区予選が始まりましたね。その前に理沙の久しぶりの登場で「あいかわらずだな」でしたが、野球部に対しては一目を置いていて、野球部を真から応援しているのでしょう。 星秀の1回戦は全員安打の二桁得点の5回コールドシャットアウトで完勝。その試合には黒駒の監督を務める大門が生徒を2名引き連れて偵察に来ていた。大口を叩いている割には気にはして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第42話「それぞれの夏」

夏の大会の地方予選へ向けての合宿の前に監督さんは選手達に休みを与えたが、光達3年生にとってラストチャンスだから、それぞれに想いがあって千田と東はバッティングセンターで自主練。光と赤石は高校に入る前に毎日二人で隠れ特訓をしていた思い出の場所で若葉ちゃんを想ったりしながらの自主練であったが体重過多の中西だけは彼女の試合観戦で休養。 青…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第40話「バカたれ!」

神村学園は男子高校野球やサッカーだけでなく女子高校野球もレベルが高いのね。 番組の答えは27歳。 星秀学園が甲子園に行けると一葉さんとの結婚が叶うとあって純平の応援と打撃コーチには熱が入ります。その純平は青葉を伴って竜旺学院の偵察に行くのだが、女子日本代表の特別枠での合宿に誘われている青葉は若葉の夢の甲子園の為に星秀学園の一員と…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第38話「初デートですよ」

歌舞伎を見た後の光とあかねが向った先は、あかねが以前住んでいた場所。 光にとっては見る物全てが初めてな一方で、内面までもが若葉と似ているあかねを若葉と一緒にいるような感じだったらしい。そんな心をデートの後に赤石に報告する光。 あかねが作った赤石をモデルにしたキーホルダーの件で、後から自分の分も貰った光が赤石にその事を話しそうもな…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第37話「よく寝たからでしょ」

昨夜はテガミバチを見ている途中で爆睡したらしく、目が覚めるとコタツの中だった。 酒に酔ったのと日頃の疲れのせいだね。 練習中に東の打球を受けた青葉は足にヒビが入って入院で、女子野球代表セレクションの最終選考には出られず、それを気にする東は青葉の見舞いに訪れるがバッティングの調子を崩していて意外とメンタルが弱い東だったな。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第36話「女子野球へ!?」

女子野球代表セレクションを受ける青葉が主役でしたね。 参加者の中に竜旺学院の4番志摩野の従姉妹で志摩野恵という子も参加していて、その子は自分の力に自信満々で機械相手のバッティングでも大飛球を飛ばしてして満足の様子だったが、以前青葉からホームランを打った事のある尾崎が少し遅れて隣のバッターボックスから撃つ打球が自分よりも目立っていたもん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第34話「あけまして」

年越しそばの出前でしっちゃかめっちゃかなアカネちゃんの加勢をする光は月島家への出前の配達。手が離せない一葉に頼まれて玄関に向った青葉は光の姿にムッとしたかな。玄関でいつものように口喧嘩。 年が明けると光は赤石と中西等と出かけ、メールや年賀状が0件の千田は野球員達の家へ遊びに出かけるが誰も会えずに家に戻ると部員達が自分の部屋へ集まっ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第33話「はたまた運命・・・か」

青葉のナポリタンを食べた翌日に救急車で運ばれた東はナポリタンが原因ではなかったのですね。その東不在の星秀は九回の表に点を入れられ1-0で敗退。夢の甲子園へのチャンスはワンチャンスとなっちゃいました。 あかねは自分を見る近所の人達の視線にひっかかる物を感じていなかったのかな。青葉のような妹が欲しくなった、あかねは光と一緒に自分を助け…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第32話「ちょっと」

青葉の様子は容姿だけでなく性格迄もが若葉とそっくりな滝川あかねの存在が面白くない。でも気になる。それは亡くなった若葉と光のような関係に光とあかねがなるんじゃないかと思っての事なのでしょうな。今回は光と青葉がそれぞれにあかねを助けるシーンがありましたね。 若葉に片思いだった赤石とあかねの絡みを見たいですね。次回には実現しそうです。 …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第29話「だれがァ!?」

星秀と竜旺の試合は1対1のまま延長戦へ突入。 10回表、星秀は先頭打者の光が内野安打で塁に出るが竜旺の9回から登板した及川が非の打ち所ない良いピッチャーで簡単に後続を断たれ、10回裏、光の球の球威は変わらず、スタンドから観戦する青葉は、光なら20回まで投げても大丈夫だと太鼓判を押していたが、光の異変に気づく。 光が打ち取ったかに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第27話「・・・かもしんない」

星秀学園の3回戦の相手は昨年夏の甲子園ベスト8で、今年の選抜ではベスト4の竜旺学院。 竜旺学院の4番バッター志摩野はプロも注目する選手なのだが、東と光が要注意人物に挙げていたのは三島。ところが竜旺学院には事情があるようで三島はベンチスタート。 1回の表裏は両投手の素晴らしい立ち上がりで、投手戦の予感を感じさせていたのだが、2回の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第25話「光栄ですね」

24話を見逃したんだけど、どうやら地区予選が始まったようですね。 星秀学園は2回戦へ進み、データ野球の参能高校と対戦。 光は相手のバント作戦に揺さぶられて、初回に1点を献上。 その1点の取られかたがなーっ。 相手のスクイズを読んで球を外すんだが、外し過ぎての暴投でした。 2回からはギアを切り替えるが、相手の監督は自信満々で…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第23話「逆転するよね?」

全国チャンピオンの桜花女子大と練習試合で対戦する里美女子高に参加する青葉は急遽センターを守る事になって、いきなり強肩ぶりを見せて味方のピンチを救うが、味方のピッチャーは2回の時点で4点を取られバテ気味。 勝負にこだわる里美女子のエースは自らマウンドを下りて青葉に託し、青葉はいきなりファーストランナーを牽制でさし、別格の力を持つ4番…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第21話「何はともあれ」

一葉と純平さんは着実に愛を育んでますね。 光と青葉は相変わらず、口喧嘩が絶えない。あまりにも性格が似過ぎているんだろう。 練習試合の後、青葉は水輝と映画鑑賞と遊園地でのデートをするが、水輝は青葉が楽しんでいないのではと感じ取っていて、青葉は光が好きなのでは? と思っているように見えたな。 次回は青葉が女子チームにまざっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第20話「朝見水輝」

今日も日差しが強く、このアニメのOPの青空と似ているわ。 そういえば、昨日の夕方、 今年の夏初めて生でヒグラシの声を聞いた。 普通の蝉のミンミン声にうんざりしていた事もあって、 新鮮で涼感を感じ、改めてヒグラシはええなーっと感じました。 やっぱ月島家の居候は従姉妹の朝見水輝でした。 青葉と一つ屋根で暮らすことになった朝見…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第19話「思い出の・・・」

樹多村家と月島家は若葉の母親の実家である朝見家へ訪れていた。 その朝見家には若葉の生前には光達もよくきていたらしいが、冬に訪れるのは初めてらしい。 若葉の生前をアルバムを眺めながら思い出す青葉と光。 その写真の中に光の知らない男の子がいたのだが、この子が月島家の居候になるのかしら? 次回は物語の主役だそうだ。 一葉さんと純…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第17話「シンドイな」

朝から晴天の大猛暑です。昨晩も熱くてビールが上手く、ついつい飲み過ぎてしもうて、戦場のヴァルキリアの17話をオラは何時アップしたんだぁー。実の所ほとんど覚えていないww てな訳で、今もちょい「シンドイな」 1軍のマネージャーと東だけが学園に残り、東は兄純平の計らいで樹多村家に居候。 生活を共にする光は、自宅に帰っても野球バカの…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第16話「知るか」

点数稼ぎの為に紅葉を買収する純平さんはいけませんなーっ。 しっかりと金を貰った分は働く紅葉の律儀な事よww。 純平さんの件は笑い話で済ませるが、校長代理の不正は駄目駄目。 プレハブ組と1軍の再試合が始まりました。 観客は一葉と紅葉だけだったが、1軍のベンチにプレハブ組のマネージャーの爺さんが深々と座る。爺さんを追い出そうとす…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第15話「もっと楽しめよ」

プレハブ組の他校との練習試合は5戦5敗。前野監督は1軍との試合を見据えて1軍の大門監督を油断させる為に故意に負けていたのかも知れないですね。 校長代理が前野監督を呼び出してクビを宣告すると、前野監督はその言葉を待っていたかのように大門監督との互いのクビをかけた試合を提案し、大門監督も「時間の無駄ですねえ」と言いながらも徹底的に力の差を…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第14話「何点?」

甲子園をかけた地区予選のベスト16の最終回の攻撃。 1点差を追う星秀学園は4番東の出番で1打逆転サヨナラの絶好のチャンス。相手バッテリーは敬遠して次のバッターとの勝負を選択。この試合の星秀学園5番打者は全くバットが振れてないから、1塁ベースに立つ東は、心の中で「監督 三木に代えて下さい」と願っていたが、大門監督に代える意思は全くなしで…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第13話「夏合宿?」

甲子園を掛けた夏の地区予選が始まり、1軍は初戦と2回戦を圧勝し、その試合で大活躍の4番の主砲東は、マスコミに騒がれる中、最近全く姿を見る事のないプレハブ組が気になっていた。 そのプレハブ組は今度は本気で1軍に再戦を申し込んで勝つ気のようで、人里離れた山奥で秘密の特訓で、監督を含めて全員が、やる気満々。 青葉は両親の代わりに光…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第12話「勝負しなさい!」

今日は父の日、我が家では何もないらしい。寂しいね。 それにひきかえ、光は偉いなーっ。若葉との約束を守って若葉の為に毎年誕生日プレゼントを実行している。だが、今回は目当ての商品を目前で、あの態度の超デカイ1軍のマネージャー理沙にさらわれ、その商品を是非とも譲って欲しい光はプライドを捨てて、この日は一日中、理沙の奴隷に甘んじる。 そ…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第11話「ニヤニヤするな」

ゲームは終盤に入り、光は1軍から三振の山を築く力投を見せるが、1軍昇格への見込みが全くないと知った3年生が足を引っ張る厭な展開となった。だが、自軍の選手の特徴を知るプレハブ組の前野監督のひと芝居でやる気を出しちゃってファインプレーで光の援護。 遂に最終回の表。これまた前野監督の芝居に騙された千田が偶然にヒットを奪い、4番の3年生が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クロスゲーム 第10話「冗談よせ」

光は4回のピンチに主砲の東を迎えて、普通なら敬遠するところを勝負してあっさりと逆転ホームランを浴び、6回にも東に粘れてソロホームランを打たれちゃいました。 その時、ホームベースを踏む東が赤石に「最初の球で勝負すべきだったな。最後の球が一番甘かったぞ」とアドバイスをすると赤石は実戦経験0だから、そこまで光には要求していない事を漏らすと、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more