進撃の巨人 第15話 「まだ目を見れない ―反撃前夜2―」

調査兵団は変人の巣窟でした。 ハンジは軍人と云うより巨人を研究している学者だな。 そのハンジのお気に入りのような巨人の2体が誰かの手で抹殺。 次回は訓練兵達の進路の話のようだ。 そういえば、リヴァイ班には、カワイイ女性がいたな。まともに見えたが、彼女も変わった思考の持ち主なのかな。 自由への進撃 (通常盤/CD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

げんしけん二代目 第3話「腐り姫の夢(デイドリームビリーバー)」

男バージョンの波戸と班目が部屋の中で、ちょっと気まずい雰囲気になるのではと、思ったが、意外と二人は自然だったな。でも波戸の妄想は危ないね。 班目も春日部から卒業しないと。 波戸と班目が主役のような内容だったかな。 げんしけん 二代目の壱(10) (アフタヌーンKC)講談社 2011-05-23 木尾 士目 Amazon…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君のいる町 第2話「桜の咲く頃」

女性キャラがエロいな。 嫌いじゃないです。 別れた彼女である柚希の家の前まで来た主人公青大は、柚希と出会った頃を回想。 この回想の部分が2話の殆どをしめ、柚希が明るくて活発な女の子に見え、その頃の青大は神咲七海というカワイイ子が好きだったんだな。 性格が明るく見えた柚希は、東京でなんかあったんだな。無理をしているよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きんいろモザイク 第3話「どんなトモダチできるかな」

暑いねえ。選挙へ行って来ました。 私の予想では、自公の勝利でネジレ解消となって安倍首相が選挙後に強気に出そう。 英国からアリスの親友カレンが転校してきて、金髪の容貌で片言の日本語を話すカレンに惹かれる忍に対して焼きもちを焼いてしまうアリス。 可愛かったですネ。 ハーフだけどアリスよりも積極的な英国人な感じで身長も周りの高校生…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

サーバント×サービス 第3話「怠るな 職場の安全 身の安全」

長谷部は要領のいい世渡り上手だな。 周囲の人間がパッと見ただけでブラのホックが外れていると見抜かれているルーシーの胸のサイズ。気になるわな。 今回は長谷部とルーシーが多いに絡んだ話。面白くはあった。 ルーシーは雷が苦手で、長谷部は手話と腹話術が上手なのも発覚。 サーバント×サービス(2) (ヤングガンガンコミックス)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙兄弟 第66話「二つのノート」

デニールの教えは荒っぽいが、車いすの件といい考えながらやっているようだ。 だから、六太が心と頭のノートをきっちりとつけていながら訓練をこなせば他者よりも早く上達しそうだ。 シャロンも訓練に前向き。 宇宙兄弟 心のノート 「メモしたくなる言葉たち」 (KCピース)講談社 小山 宙哉 Amazonアソシエイト by
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲S第15話 「最弱」

一方通行VS最弱の上条当麻。 やられっぱなしの当麻が反撃をして一方通行にダメージを与えるがダウンさせられ、勝負は次回へ持越し。 当麻と学園都市ナンバーワンの一方通行のバトルは、何度見てもたまんないね。 当麻の魅力を一方通行が引き出しているわな。 とある科学の超電磁砲S とある飲料の貯金箱 御坂美琴のヤシの実サイダー型…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ツール・ド・フランス第20ステージ

事実上の最終戦。面白かったな。 最後の超級の登りで、総合上位のガチンコレース。 総合1位のフルームがロケットスタートで仕掛け、コンタドールがちぎれ、ヤングライダーのクインターナ、調子を上げているロドリゲス、フルームの3人に勝負は絞られ、フルームが何度かアタックを仕掛けて、ロドリゲスがちぎれそうになるが、持ち直し、一方のクインターナは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

銀の匙 第2話「八軒、馬に乗る」

意外とこのアニメ、面白いかも。 外見で判断してはならない事を多いに学んだ主人公の八軒。 変人の集まりのようなホルスタイン部に無理やり入れらそうになった八軒は仏のような馬術部顧問に助けられ、馬術部へ入部。そして、肉体労働ばかりさせれて、「何時馬に乗てくれるのだあ?」状態であったが、ようやく馬に乗って初めての景色を体験。 感動の八…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第3話「写真部本格始動、なので」

酷い上り症のポッテでしたが、三谷かなえも似たような性格で、みていて、なんとかならんかーっ状態が続くも、やっぱ口に出して気持ちを伝えるのは大事なのね。 互いの胸の内がわかったポッテと三谷かなえは、両想いの恋人同士のようになりの良い感じ。 いよいよ2名になったカワイイ写真部の本格指導か。 【Amazon.co.jp限定】 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

犬とハサミは使いよう 第3話「飛んで火に入る冬の犬」

秋山忍の担当編集者も濃いな。 脳みそがイカレテルゼ。 今回は担当編集者が話の中心人物になりそうな始まりではあったが、姐さん事件です。 通り魔事件に顔を突っ込む霧姫。 手がかりは、秋山忍の本。そんな霧姫にライバル心むき出しのカリスマアイドル作家である秋月マキシ。毎回毎回同じパターンで登場してひっかくのでしょうかね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツール・ド・フランス第15ステージ

晩酌しながら視聴していたんだけど、ついつい呑みすぎたみたい。酔っただな。 酒とレースにネん。 プロヴァンスの巨人を制したのは、フルーム。 強すぎでしょう。 最後の山でクインターナがアタックをしかけて、登りの強さを見せつけるが、スプリント勝負のようなダッシュでフルームが離れれまいとすがるコンタドールをちぎり、あれよあれよと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人 第14話 「まだ目を見れない ―反撃前夜1―」

今回からOPとED変更。 Oldの方が好みだな。 今回はエレンの身柄をどうするかの大がかりな審議。 エレンの体を徹底的に調べたのちに処分を要望する憲兵団と味方にして一緒に反撃体制を望む調査兵団の対立は、リヴァイの徹底したエレンに対する暴力行為が審議長の判断に影響を与え、エレンは調査兵団へ。 リヴァイのエレンに対する暴力を…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

げんしけん二代目 第2話「俺の脚を越えてゆけ」

げんしけんは女性陣がよーく働くだな。 今回の主人公はカワイイ男の娘である波戸に自然と接することができない矢島。 あれやこれやと波戸を意識して考える矢島が自室で寝込んでいる波戸の完璧に近い姿に、「コイツ 本当は女じゃねーのか?」と確かめようするシーンは面白かった。 波戸の嗜好は矢島の域を超越してるのでしょう。 私にも波戸は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君のいる町 第1話「追いかけて」

題名からしてピュア・ラブな物語ではないかと予想しがら視聴開始。 やっぱ そうでした。しかも暗い。ある意味「君望」に近し? 画の古臭さに違和感があって、その分話に入っていけなかったような。でも1話だから、回が進むうちに慣れるじゃろう。 物語は広島から別れた彼女を追っかけて東京の高校に転校して来た主人公が、同じクラスになる隣部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きんいろモザイク 第2話「ちっちゃくたって」

昨夜のツールでのカヴェンディッシュの中間スプリントポイントでの天然ぶりは、たまらんかったな。萌えたよ。 愛嬌のある天然ボケキャラは萌えるわな。 憎めないよ。 このアニメは4コマテイストなストーリーのようですね。 1話を見た限りでは、しっかり系の綾がツッコミ系だと判断しちゃったけど、彼女も真面目と乙女のハートが混ざったいじくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙兄弟 第65話「車イスのパイロット」

幸か不幸か追試を終えたムッタはデニール爺さんと再会。 このデニール爺さんがムッタのT―38の教官となる。 ちなみに日々人もデニールに教えてもらったらしい。 他の教官たちはバカにしていたがデニール爺さんの腕は相当な物なんだろうな。また一番厳しい教官かもしれないね。 いよいよ次回が実戦訓練かあ。 宇宙兄弟(13) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とある科学の超電磁砲S第14話 「約束」

インデックスの再放送を見ているような今回だった。 当麻ちゃん、格好よかったのう。 主人公かあ? 美琴のヒーロー也。 次回は当麻と一方通行の戦い。 熱い当麻節 こうご期待。 新OPもノリノリでいい曲だ。 嫌いじゃないですの。 eternal reality TVアニメ(とある科学の超電磁砲S)新OPテーマ(…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

サーバント×サービス 第2話「お仕事は 慌てず騒がず 投げ出さず」

塔子ちゃんは厄介な保健福祉マニア女子高生だと思っていたが、成程ねえ。 一宮の妹でブラコンでツンデレキャラだったのね。そんな塔子が三好が仕事を覚えるのに一役買う。 三好ちゃんは優しすぎだな。あの調子だとコスプレイヤー千早の餌食になるのは時間の問題か。ルーシーのブラックをまとったコスプレ姿は見てみたいのう。 今回は、千早と塔子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツール・ド・フランス第13ステージ

オーソドックスなスプリント勝負と予想しながら見ていたけど、中盤から動きがあって面白いレースだったな。 ステージ優勝はオメガファルマのカヴェンディッシュ。 サガンとの一騎打ちのような感じだったが、意外とサガンが伸びなかった。 残り60キロぐらいの時に総合2位バルベルデがパンクの影響で遅れだすと、総合3位の選手を抱えているベル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more