進撃の巨人 第25話 「壁 ―ストヘス区急襲3―」

もう最終回なんだ。早く感じます。 巨人化したエレンの能力では巨人化アニには、勝てそうもなかったが、ミカサの援護とエレンの巨人を駆逐したい意志の強さでアニを封じましたね。 頑丈なシールドの中に自らを封じ込めたアニ。時が来たら、復活するんでしょうね。 結局、アニからの巨人関連の情報は引き出せず、巨人の謎を残したまま終了。 や…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

君のいる町 第12話「君のいる町」

最終話。 結局、青大は柚希を選んだか。 明日香が良い子だけに不憫に感じたな。 普通ならハッピーエンドの形なんだが、後味が不味かった。 暗いアニメだったな。 君のいる町 Vol.2 〔初回生産限定特典:瀬尾公治描き下ろしマンガ! 「妄想200話【七海 編】」 [DVD]アミューズソフトエンタテインメント 2013-10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

八重の桜「38話」と半沢直樹の最終話

八重の桜の「西南戦争」と遣られたら倍返しの半沢直樹の最終話を視聴。 会津と薩摩の因縁には、考えさせられるものがあり、半沢直樹も一応、半沢が大和田の不正を認めさせて父親の敵を討ちはしたが、その後の人事では、大和田は取締役として銀行に残り、半沢は証券会社へ出向となって、う~ん? 人事の真意は? というような感じで、スカーッとは終わらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人 第24話 「慈悲 ―ストヘス区急襲②―」

勇敢なアルミンにヘタレなエレン。 物語が始まった頃のエレンとアルミンが、入れ替わったようになっちまったな。 ミカサの叱咤でも変身できなかったエレンをその気にさせたのは、アルミンの発言。 ようやく、現実を受け止めアニと戦う決意を固めたエレンが暴走気味。 次回が一応の区切りのラスト。 楽しみましょう。 進撃の巨人 マ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

君のいる町 第11話「告白。」

柚希に告白され、今でも柚希が好きだと自覚する青大だが、あの様子だと完全に明日香ちゃんに、心を見透かされバレただな。 次回が修羅場だ。 こうなると青大が誰を選ぶのか? 二人と別れて・・・数年後に新しい相手という選択も有りだけど。 すっきりしない後味の悪い毎回のストーリー展開だな。 君のいる町 Vol.1 〔初回生…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

銀の匙 第11話「走り出せ、八軒」

ワンクールの最終話。 早いねえ。 校長先生が見た目は、妙だけど素敵な教育者だっただな。 逃げずに正面から、家畜と向き合う事を決めた八軒が、今後どう変わっていくのか、2期も楽しみにしようか。 銀の匙 (小学館文庫)小学館 中 勘助 Amazonアソシエイト by
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第12話「そして旅立ちの季節、なので」

最終話。 ひな祭りから、卒業式までのエピソード。 心から素直に「ありがとう」という響きは、いいねえ。 両親の愛情と友の友情に包まれているから、あんないい子に育つんだな。 子の内面の成長と同時に親も成長。 優しくて、ホッコリと穏やかにさせてくれるの心のサプリのようなアニメでした。 ARIAシリーズと似た香りのするいいア…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

犬とハサミは使いよう 第12話「犬とハサミは使いよう」

最終話も、飛んでましただな。 紅葉とワン子、霧姫の絡みが欲しかった。 やっぱ霧姫は、乙女チックなキャラよりも汚い言葉を吐くドSがベター。 普通に楽しめた、何でもありきな破天荒アニメだった。 月曜の深夜は、いよいよ10月から待望のアレだ。「弱虫ペダル」 楽しみ。 御三家かい 特装版 犬とハサミは使いよう7 (ファ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

進撃の巨人 第23話 「微笑み ―ストヘス区急襲①―」

約一か月ぶりの更新となってしまっただな。 色々あって、ブログを書く気になれなかったからな。 隣国では、このアニメはすごい人気らしいね。 物語の途中で、アニが女型の巨人ではないかと思えてきたが、そうだったな。 サスペンスの要素もあって展開が面白いねえ。 現行アニメの中では、一番にはまったな。 次回も見逃せないね。と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第7話「ついに、みんなで来たよ!なので」

毎回癒されます。 今回は、横須賀が舞台。 無謀にもさよみの運転で到着。 かなえがいなかったのがちょっと残念。 変りじゃないけど、なんとももねこ様も横須賀に来ちゃいました。 質問魔、ともちゃんとは、初対面だがいい按排にうちとけ、祭りと花火を楽しみメンバー達。 はやり、お父さんを思い出してしまうふう。 悲しむのではなく…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

犬とハサミは使いよう 第7話「犬も鳴かずば撃たれまい」

ワン子は、正しく女難也だな。 今回も、霧姫に大いに心身共に振り回され、偶然出会ったメイドの演技に感動したかと思った矢先に、命を奪われそうになる始末。 霧姫によって助かったワン子だが、ちょっとメイドと霧姫のバトルは見たかったな。 犬とハサミは使いよう キャラクターソング1「快感パラメーター」夏野霧姫(井上麻里奈)エイベッ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

八重の桜 第32話「兄の見取り図」

このドラマを見るまで、山本覚馬という稀有な偉人の存在を知らなかったな。 先見の目と視野と心の広さは、学ぶべきものがあり、覚馬なくして新島八重は生まれなかった。 女性にも学問が必要との考えから、既に政府に働きかけていたんですね。 山川家の捨松が、アメリカで新島と出会っていて、とても良い雰囲気。 不思議な縁を感じます。 こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

進撃の巨人 第18話 「巨大樹の森 ―第57回壁外調査1―」

アルミン、ジャン、ライナーの3名は、クリスタが駆けつけてくれたお蔭で助かり、4名で行動。 クリスタは、女神のような雰囲気を持った戦士ですな。もってますな。 作戦の失敗した隊は、巨大樹の森に集まり、エレンを含むチームだけが、森の中に入る。 この作戦には、殆どのメンバーが疑問を持ち、真意を知っているのは隊長とリヴァイの二人だけのよ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

げんしけん二代目 第6話「因果地平の彼方でモエを叫ぶ」

朽木は最低だな。 腐女子の勉強になるアニメで、矢島がまともに見えてきた。 吉武が怖い。 波戸の一物を見てしまった、吉武妹と矢島。 一番見たかった吉武だけが蚊帳の外だったようで、 矢島、吉武妹、波戸が気まずい雰囲気になったのは間違いないでしょう。 波戸を元気づけようと、荻上は決心して自分の「ささまだ」を1年部員達に見せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

きんいろモザイク 第6話「金のアリス、金のカレン」

確かに金のアリス、金のカレンのシーンもあったが、夏真っ盛りでの渓流と夜の祭りのシーンの印象が強く残った6話だった。 山登りには相応しくない森ガール姿の忍は、忍らしく、川でコケて流されるシーンは、いかにもらしく、面白い。 祭りでは、全員が浴衣。 浴衣姿は良いねえ。浴衣姿でも邪道ファッションの忍でしたが、珍しく粋な働きを見せた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君のいる町 第5話「宣戦布告。」

幼い頃に青大と会っていた柚希は、青大の言葉を胸に広島に転校してきたんだな。 一方の青大は柚希との出来事をすっかり忘れていたんだが、子供のころの祭りの写真の中に尊たちと一緒に写っている柚希らしい人物を見て、当時の日記を調べながら思い出す。 今回は、広島にいた頃の柚希が一方的に青大に告白宣言。だども、急にいなくなった柚希の行動に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宇宙兄弟 第69話「日々人に並ぶ」

暑い日中だったぞ。まあ今でも暑いけど。 若くてカワイイ子に、スローリーに「ねっちゅうしよう」と云われると多少は元気になれそうなもんだが、現実は厳しいものヨ。 時が流れたな。 デニールがちょっとした感動の引退の後、六太を含めた訓練生が卒業。 これで、晴れて正式に宇宙飛行士となった六太。 因みに、アメリカ人2名が脱落したらしい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

サーバント×サービス 第6話「確かめて 思わぬ問題 かくれんぼ」

うさぎの課長の娘さんの花音は、健気でいい子だ。 塔子とも友達の仲だったのね。 その塔子に父親がぬいぐるみだとは言えず、しかもさりげなく父親を優しくカバーしてますね。 三好さんが気に入って、孫の嫁にしたいと言っている田中の婆さんの孫は、間違いなく長谷部が恐れている田中君でしょうな。 楽しみになってきましたよ。 三好さんの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たまゆら~もあぐれっしぶ~第6話「もう届かない笑顔を訪ねて、なので」

たまゆらの世界も夏真っ盛り。 ふうの父ちゃんの職場の後輩の女性と瀬戸内を回ることになったふう。 お父さんの通った路を辿るような旅の中で、知らなかったお父さんの顔を発見するふうと後輩女性。そうそうカメラマンのりほさんも同行してたのよね。 今回も風情や物語の進行には癒されました。 心地よい。 ちょっと暑さが飛んだかも。 …
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more