犬とハサミは使いよう 第2話「犬は熱いうちに打て」

作家霧姫にも優しい心が少しはあったんだな。
ワンコの為に復讐。でも犯人も隠れたワンコの部屋で秋山忍の小説のファンになったようで、全冊を読まない間は捕まらないつもり。
てな訳で作家とその作家の書いた小説の虜になった殺人犯のバトルね。

軽やかな犯人の小説仕込のクイックステップは見事だったな。
結局、霧姫とワンコはノックアウトしている犯人を、そのままにして去ったようだな。

白のアイドルと黒の霧姫は、ライバル関係なのでしょうか?
妙な空気を互いに出していただな。

2話も面白かったが、作家、秋山忍こと霧姫が思いのほか1話より不細工に見えた。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

鳴海みぐJr.
2013年07月15日 08:35
ショットガンで撃たれた少年のあの部屋、
遺産が大家に処分されそうになっていましたね。

霧姫:こんなに遺産(私の作品)があったなんて・・・・・。

失礼します。
2013年07月15日 11:27
不幸にも、あの遺産のおかげで、犯人は坂上忍ワールドの虜になっちまったんだな。

この記事へのトラックバック