ツール・ド・フランス100回記念大会開幕

サイクルロードレースの最高峰の歴史ある大きな大会で、あんな事があるんですね。

約5時間をかけたレースは順調な運営と通常のレース展開で終わりそうな様相をみせていたが、選手たちがゴールに迫る残り20分を過ぎたあたりで、レース運営にトラブルが発生。
ゴール地点を通り抜けようとしたバスがゴールのバナーにひっかかって立ち往生。
運営側は急遽ゴール地点を2キロ手前に変更を決定。ところが、その新たに設けたゴール地点は、解説者の話だと危険だから1ステージのポイントは無効になるんじゃないかと話していた。間もなくして、バスが動き出し運営側は再度ゴール地点を元の地点へ戻す変更を伝える。
そんなことが選手側のメンタルに影響を与えたのかどうかは知らないが、落車の連発で有力選手が次々と脱落し、記念大会のツールの第1ステージは大波乱のステージとなってしまった。

あの黄色のジャージを射止めたのは、アルゴス・シマノの若手マルセル・キッテル。また、日本チャンピオンの明かしであるジャージでレースに出場した新城選手は完走で99位だったらしい。今後に期待したいですね。

長丁場のレースは美しい景観も楽しめ、酒のペースがアップしただな。
また、楽しみが増えてアニメを見る機会が減りそうだ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック