べるぜバブ 第37話「その男、先生でした」

新担任登場の巻。

静と東条は、幼馴染みのようですな。男鹿達の担任としてやって来たのが、その二人がよく知っている人物で東条の憧れの人でもあり、男鹿にも一度、話した事のある早乙女禅十郎だったんだな。

早乙女先生は凄かったなあーっ。
屋上で、東条、男鹿、出馬が喧嘩になりそうな場面で、いきなり早乙女が出て来て3人を一度に失神させる荒技。
凄過ぎです。しかも、早乙女は悪魔の力を使って自分を倒そうとするヒルダをも戦闘不能にしちゃいましたね。

男鹿と同じように手の甲に王家の紋様が出ている事とヒルダを一目見て正体を見抜いていた事から、早乙女が魔王となんらかの関係を持っている人物だと想像していると、次回の予告で察しがつきましたワ。

早乙女は男鹿のように、べる坊の兄貴の世話をしていたんだろな。

今回も男鹿を知りたがる邦枝が周囲の人達に突っ込まれてのラブコメモード。
かわいかったな。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 別館の予備(バクマン。&バブ&トリコ)

    Excerpt: 10月10日 バクマン。&バブ&トリコ TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/11041654856/975c95d1 Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-10-10 12:05
  • ◎べるぜバブ第37話「その男、先生でした」

    Excerpt: クニエダは、オガが怪しいと思う。ベルボウとオガが女子に人気出る。ネネさんたちが、クニエダにコクルつもりだろいう。オガは手品をみせてくれと女子生徒に言われる。イリュージョ... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2012-02-19 23:23