今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?13

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の企画、今回は6作品。ちょっとさみしいかな。

俺たちに翼はない
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:5
演出:4
音楽:3
総合的な評価:4
(主人公の多重人格という性格上、視聴者の理解しずらいアニメだった事もあって、私のこのアニメに対しての前半の印象は散々でして、いつ切って可笑しくないアニメでしたが、全容が見えてくると面白い面白い。結果的に後半で盛り返しの高得点となってしまいました。)

C
ストーリー:3
キャラクター性:4
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:2
(経済、未来、政治、人生に通じる深いテーマのアニメでしたね。見直しをする度に味が出て来る作品の部類かも。)


あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:5
総合的な評価:4
(物語と音楽がバッチシ。自分もそうだが、他人の事柄に関しては冷静に見える物が、いざ自分の抱える心の問題になると、なかなか上手くは解決出来ずに年月だけが過ぎてしまう。「何時かは解決しないとね。」と自分を振り返ってしまわせたアニメでした。最終回ではぶっちゃけ涙しましたよ。)


電波女と青春男
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4
(自称超能力宇宙人少女からエリオのバイト先の婆さんまでの幅広い年代層の女性キャラクターの個性がたまんないアニメでした。エリオの母ちゃんの女々さんが特にたまらんかったww)

デッドマン・ワンダーランド
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:4
音楽:2
総合的な評価:4
(1話から次回がどんなだろうと気になるストーリーの運びで、最終回をもってしても未の部分がございましたね。おおいに続編を期待したい作品となりました。)

もし高校野球の女子マネージャーが ドラッカーの『マネジメント』を読んだら
ストーリー:4
キャラクター性:3
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:4
(ベストセラー小説が元だからストーリーは面白かった。)

ベストキャラクター賞:電波女と青春男の「御船流子」

ベストOP賞:もしドラ「夢ノート」

ベストED賞:あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。「secret base ~君がくれたもの~」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2011年09月03日 17:02
6作品、十分多いじゃないですか。
僕は前期の評価は専門の朝及び夕方終了アニメが多かったので
評価数多かったですけど僕の評価は春以外だと極端に対象が少ないですから。
春以外だと多くても4つくらいですし。
2011年09月03日 17:36
コメント有り難うございます。

6月終了のアニメは自分では、もっと見ていたと思っていたもんで、アレッ? 6作品だったっけ? となった次第でして・・・・
十分だと思うようにしるかな(笑)。

この記事へのトラックバック