異国迷路のクロワーゼ 第8話「子供部屋」

パリでの女の子供部屋だと、フランス人形が頭に浮かぶかな。

アリスの創ったお伽話に出て来る少女と湯音が重なりますな。
てな訳な次第で湯音に出逢えたアリスの心の高鳴りはどんだけーってな感じです。

姉のカミーユは、はっきりと自分の考えを伝える子でしたね。
湯音にも遠慮のない口調だったもんだから、湯音がどう受け止めるのか心配したのだが、その必要はなかっただな。

カミーユには独特な雰囲気と間合いがありますね。
次のアクションが気になるキャラクターだな。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック