とある魔術の禁書目録II 第13話「使徒十字(クローチェディピエトロ)」

立ち上がりから激しいバトル。
一方的な展開で、ステイルが意地を見せて当麻と一緒にオリアナへダブルパンチを喰らわすが、即反撃を喰らってダウン。当麻もダウンしそうな案配だったが、根性で踏みとどまってオリアナの今持っている最高の魔術を左手で押さえてのクロスカウンターでオリアナを伸したものの、あれ程激しく戦っていたオリアナは囮でしたね。

クローチェディピエトロの発動は秒読み段階となったが、大覇星祭のナイトパレードの花火の時間帯と同じだった訳で、ローマ正教の失態ですな。

いつもと同じ様に当麻は入院してインデックスに噛み付かれ、あわや美琴も参戦かの雲行きとなったけど、「今回は許してあげるの」愛嬌だな。

一応、予想通りの一件落着で次回は当麻がローマ正教のお膝元のイタリアへインデックスと旅行で、おそらくローマ正教と一悶着があるのでしょう。

アレイスター=クロウリーは当麻の成長を期待しているようで、今後レベル0の主人公イマジンブレイカーに覚醒なんてあるのかな。



とある魔術の禁書目録II クロスポスター B
ストーム
2011-02-25


Amazonアソシエイト by とある魔術の禁書目録II クロスポスター B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



関連記事
ゼロから

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

鳴海みぐJr.
2011年01月09日 12:38
上条さんが病室でインデックスに、
「毎回毎回、私に断りも無く戦争に参戦して!」と
叱られている最中に笑ったら、レッスンを習いましたね。
(T_T)

インデックス:(それが叱られている奴の態度!?)

失礼します。
2011年01月09日 21:41
インデックスのお口は大きかったな。

凶暴だけど上条君は愛情からの行動だと受け止めているのでしょうな。
鳴海みぐJr.
2011年01月10日 09:55
美琴と上条とのやりとり、こっちの方が良かったですね。


美琴:あんたにいいニュースと悪いニュースがあるわ!
上条:まず、いいニュースから。
美琴:今日の最終結果、我が中学はあんたの高校なんか、たやすく抜いて1位だからね!
上条:悪いニュースって・・・?
美琴:あんたは数日間、絶対命令で私の奴隷よ!
上条:し、執行猶予付きか?
美琴:へぇ・・・・ダメよ!
上条:・・・・・。(・o・)

失礼します。
2011年01月10日 18:43
どっちのニュースも上条君には悪いニュースに思えますね。

不幸者だからしょうがねえかな。
鳴海みぐJr.
2011年01月10日 20:11
続いて、美琴の奴隷になる前にコレですね。

上条:イタリアか・・・ここなら蜘蛛隠れ出来る。


失礼します。
2011年01月11日 00:15
毎度面白いコメント有り難うございます。

美琴はイタリアまでは追いかけてこれないとしても、
上条君が学園に戻ってくるのを手ぐすねを引いてるかのように待っているのでしょうな。

不幸者は刑の執行からは逃れられないでしょうww
鳴海みぐJr.
2011年01月13日 11:57
インデックスが美琴をつまみ出す時にこっちが良かったですね。

インデックス:どブス!!!

失礼します。
2011年01月13日 22:31
どブス!!!は、きついなあww
美琴の性格だと反撃が期待で来そうな。
鳴海みぐJr.
2012年04月16日 14:41
美琴の性格だと反撃が期待で来そうな。>
”とある科学の超電磁砲(コミック)”4巻に、
↓みたいなシーンがありました。

<公園で小学生たちと缶蹴りしていた>
子供:小学生相手に本気になるなんて大人げ無ぇぞ!
   この鬼、悪魔!
<美琴は悪口を聞き流す>
美琴:何言われても気にしなーい!(ーoー)
子供:○乱!!
美琴:○、○乱・・・!
   待ち腐れー!クソガキめー!!

<怒りのスイッチが入った美琴は悪口言った子を追い掛け回す>
子供2:缶蹴りが鬼ごっこになっちゃった・・・・。

<美琴は悪口言った子を捕まえ、頬をつねる>
美琴:そんな傲慢な口はこうしてくれるわー!
   人生のレッスンの時間だー!
子供:○んらんめー!やへへー!
   (○乱めー!やめてー!)

<頬をつねられた子はアッカンベーしながら逃げる>
子供:いつか最強の能力を得て仕返ししてやるからなー!
美琴:いつでも受けて立つわ!(^^)
-----------
失礼します。
2012年04月17日 23:47
美琴らしい振る舞いですね。
そこが魅力なんだろうね。

この記事へのトラックバック