薄桜鬼 第20話「散ずる桜花」

平助と山南が死に場所と選んだ場所は仙台。
綱道、生きてたんか。
土方達より先に仙台に入っていた山南は、綱道と内通して鬼の王国を目指す動きを見せていた。一方その情報を耳にしての後から入藩してきた土方は、自分が山南を斬る事になるかもしれないと覚悟をしていた。

実は、死を悟っている山南の大芝居だったんだな。
土壇場で綱道を裏切り、土方と共に綱道の作った羅刹達を殺害した後、平助と共に力つき永眠。

土方は千鶴を置いて、志を同じくする物達と蝦夷地へ。

次回は、形を潜めていた風間千景が久々に舞台に上がりそうだな。

負け組を追う話は、見ていて辛いねえ。でも物語の根底に愛があるから、ストーリーに惹かれちゃうんだな。
千鶴の眼から見た新撰組を最期迄見届けようぜよ。
次回は龍馬伝の最終回。
そういえば、誰の小説だったかな? 龍馬と山南がニッポンの将来に着いて語り合った事があったが、ワスレター。

エンディングの淋しい感じが、八雲と同様に心をくすぶるよ。


薄桜鬼 第六巻 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2010-11-24


Amazonアソシエイト by 薄桜鬼 第六巻 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

    Excerpt: 新撰組であなたと共に戦えたこと、誇りに思います――。 時代は明治へ…新撰組の戦いは今だ続いていた。 仙台に先発した羅刹隊からの連絡が途絶え。 城下での辻きりが横行し、山南への疑惑が深まります。 .. Weblog: SERA@らくblog racked: 2010-11-23 01:33
  • 「薄桜鬼碧血録」第20話

    Excerpt:   第二十話「散ずる桜花」仙台入りしたばかりの土方を旧幕府軍の榎本武揚が訪ねてきた。彼から仙台で辻斬りが横行していると聞いた土方は、連絡の途絶えている山南たちが事件に関... Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-11-23 06:12
  • 薄桜鬼碧血録 第20話「散ずる桜花」

    Excerpt: 薄桜鬼碧血録の第20話を見ました。第20話 散ずる桜花――明治元年九月、私達は仙台に到着した。仙台には山南さん率いる羅刹隊が先行しているはずであったが、羅刹隊からの報告は何... Weblog: MAGI☆の日記 racked: 2010-11-23 06:22
  • 薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

    Excerpt: 薄桜鬼 随想録 原画集(2010/01/29)デザインファクトリー、 他商品詳細を見る  何と雪村綱道は生きていました。原田により自爆したかと思えば、水中を泳いで逃げてしまったようです。新羅刹隊を集.. Weblog: 破滅の闇日記 racked: 2010-11-23 08:55
  • 薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

    Excerpt: これで、これでやっと終らせられる 今回は羅刹隊のお話 仙台にやって来た新撰組ですが、 先行したはずの山南さん率いる羅刹隊からの連絡はなく 城下では特殊な軍隊と辻斬りの噂が・・・・ Weblog: ドラマティックオンラインライフ racked: 2010-11-23 10:11
  • 薄桜鬼 碧血録 第二十話 「散ずる桜花」

    Excerpt:  まさかの置いてけぼり…… Weblog: つれづれ racked: 2010-11-23 11:27
  • 薄桜鬼 碧血録 第20話「散ずる桜花」

    Excerpt: 仙台入りした土方さんを訪ねてやってきた旧幕府海軍の榎本さんによって齎された情報によると 藩主とも話しができず、城下では辻斬が横行し犯人が城へと出入りしているのだとか 先行していた羅刹隊とも連絡が... Weblog: Spare Time racked: 2010-11-23 22:31
  • 薄桜鬼碧血録#20「散ずる桜花」感想

    Excerpt: 仙台藩に入った千鶴と土方。けれどそこで待っていたのは辻斬りの噂!?「散ずる桜花」仙台藩に入ってから山南、羅刹隊と連絡が取れずに悩む土方。が、ある日平助が姿を現し、仙台城... Weblog: おぼろ二次元日記 racked: 2010-11-24 02:15
  • ◆薄桜鬼 碧血録 第二十話 感想

    Excerpt: 燃え尽きたよ・・・・・ 今週は一気に2人脱落です。 そんな斎藤の安否が不明なままの第二十話感想。 今回も新選組トリビアを交えつつお届けします! (next ´ゝ∀・`)ノ*.. Weblog: HEROISM racked: 2010-11-24 04:57
  • 薄桜鬼 碧血録 第20話 「散ずる桜花」 感想

    Excerpt: 毎回、登場人物が退場していく中、今回は山南さんと平助、そして生きていた綱道が! 山南さんの真意、平助の頑張り、綱道の千鶴に対する想い。 これは泣けてきますよ。  薄桜鬼 公式サイト .. Weblog: ひえんきゃく racked: 2010-11-24 05:55
  • 薄桜鬼 ー碧血録ー 第20話 散ずる桜花

    Excerpt: (薄桜鬼シリーズ 21話目) Weblog: しるばにあの日誌 racked: 2010-11-25 05:00
  • 薄桜鬼 碧血録 第20話 「散ずる桜花」

    Excerpt: 大門ダヨ 新撰組は遂に仙台に Weblog: バカとヲタクと妄想獣 racked: 2010-11-27 01:08
  • 薄桜鬼 碧血録 【20】 

    Excerpt: “敵を欺くにはまず味方から”と。キラリン★ヤラレター!なんなんだ・・この山南さんのいい人っぷりわぁああ!!!!  。・゚・(ノД`)・゚・。眼鏡キャラの眼鏡が光る時あぁ・・... Weblog: 烏飛兎走 racked: 2010-11-27 11:03
  • より銀&FAIRY TAIL&薄桜鬼

    Excerpt: よりぬきは中編の回だが 博士カラクリ移植して征服だけども 色々とも面白過ぎだ Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2010-11-30 19:22
  • 薄桜鬼 碧血録 第20話

    Excerpt: 「敵を欺くには、まず味方からと…」山南さんと平助君退場の回。 仙台城はもぬけの空 Weblog: ACAデラックス racked: 2010-12-01 15:27
  • ◎薄桜鬼碧血録第二十話「散ずる桜花」

    Excerpt: 明治元年9月。仙台へ到着した。というか、慶応終わったのか。ヒジカタさんのところにエノモト副総裁がやってくる。新政府軍から8隻の軍艦を奪ったらしい。仙台藩主は、難色示して... Weblog: ぺろぺろキャンディー racked: 2011-04-20 21:29