みつどもえ 第13話「丸井さん家庭の日常」

ラストショーもじゅうぶんに腹を抱えるシーン有りで楽しめました。

意外と熱に弱いふたばがいましたねえ。
体温38.1度でヘロヘロ。その姿はひとはと瓜二つで、毎日顔を会わせている千葉君が見間違える程でしたが、やはり脅威の肉体の持ち主ふたばでした。短時間に風邪をひとはに移しての回復。
風邪を引いたふたばの変貌振りに興味は風邪を移されたひとはに移るのじゃが、ひとはちゃんは潤んだ瞳の美少女になっており、男子達に大モテ。
二人の変身振りに風邪の恐ろしさを実感した佐藤君であった。

子猫絡みの三姉妹と親父のシーンは、笑いの中に親父さんの顔にはそぐわない優しい一面がでていて、ちょっとしたいい話。
日頃は職質の常連さんの草次郎さんだが、三つ子には甘~~~い。
意外性があるんだな。
ところが、家庭訪問では、金属バットを3本抱えてのモンスター振りを披露。これも愛娘ふたばを変態教師矢部っちから守ろうとしての誤解から発しての事でして、娘への愛が伝わって来ますねえ。

草次郎さんは福引きでみつばが当てた遊園地の券でも優しいお父さんを見せるんだな。
商店街の福引きで遊園地の入場券を2枚当てたみつばは、同行していたふたばと一緒に行く事に決めるが、当日の遊園地ではガチレンジャーショウが予定されているらしく、帰宅して家族の前で入場券の事を話すとひとはが自分も是非にも行きたいと言い出し、みつばは格好をつけて、その日は杉崎と約束していたからと自分は辞退するのね。
ところが、入場券は1枚で2名様迄だったのね。それを知ったふたばは無情にもみっちゃんは行けないからと佐藤君を誘う。

エンディングでは遊園地に行くみつばを除く丸井家の盛り上がりで始まり、そんな中みつばは一人で出かけて、ポツンと土手に座り込む。その背中にふたばが声をかけ、振り返るとチケット3枚を見せる草次郎さんの姿が見えて、一瞬ニコッとするみつばだが、素直に家族の輪に飛び込めない所がみつばちゃんの性格。そこんところが出ていましたが、そんなのを全く気にせずにみつばちゃんの手を強引に引っ張るふたばちゃんのは、いかにもふたばちゃんらしい性格。最後は三つ子が仲良く手を繋いでのかけっこで後から温かい眼差しで娘達を見守りながらの草次郎もあったりで、アットホームな丸井家で終わりそうでしたが、そこで終わらずに草次郎さんが警官に捕まって職質で終わる辺りは、このアニメらしい〆でしたね。

終わったか。淋しいけど、2期もあるんでしょう。その日を楽しみしてます。


これでいいのか?~はちゃめちゃライフ~
ランティス
2010-08-25
丸井ひとは(戸松遥)

ユーザレビュー:
想像以上とてもよかっ ...

Amazonアソシエイト by これでいいのか?~はちゃめちゃライフ~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






往く夏 (ニチブンコミックス)
日本文芸社
葵 二葉

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 往く夏 (ニチブンコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

鳴海みぐJr.
2010年09月26日 17:32
矢部先生、丸井さんから「娘の敵(かたき)!!」って
レッスンを習って※、次の家に行ったときの姿、憐れでしたね。

※:ギャグの意味解りますか?

失礼します。
2010年09月26日 19:22
丸井さんから袋叩きにされたのがレッスンですか?
ようわかんねえww
金属バットではなくて、丸井さん自身のバットで・・・あそこまで体は凹凸にはならないかあ。

私も丸井さんの立場だったら、間違いなく矢部先生を変態教師と誤解していただろうな。
鳴海みぐJr.
2010年09月26日 21:13
英語でも"teach *** a lesson."って使い方ありますが。

訳:***を懲らしめる。

ギャグの答えでした。
失礼します。
2010年09月27日 00:18
成る程 有り難うございます。
勉強になりました。

この記事へのトラックバック