ダンス イン ザ ヴァンパイアバンド 第7話「イノセント ブラッド」

ミナとアキラの力で事件が解決して、その直後に二人は思う存分に格闘の末に絆が深まりのハッピーな形となって、最終回でもいいんでねーかい? てなストーリーでした。

アキラとミナの格闘シーンは舞台劇を見ているような、そんな感じだったな。観客にされてしまった由紀は見るのが辛かっただろうな。でも孤独と些細な女の子の幸せを望んでいるミナの心情を知りミナに対する垣根が払われたかも。
そういえばミナの行動を妨害するような形でドロップが飛んでましたな。メイレンの仕業ですかね。一区切りついてメイレンが物語の中心部分へと歩きだしそうな予感でし。


ダンス イン ザ ヴァンパイア バンド5 (MFコミックス)
メディアファクトリー
環望

ユーザレビュー:
女の目から見ても魅力 ...
今回はムチムチ感減少 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック