うみねこのなく頃に 第3話「dubious move」

前回の事件で当主金蔵の血を引く子供達が犠牲になる中、長女絵羽だけが生き残った訳だが、彼女が一番に疑心暗鬼に駆られている様子と父を殺害された戦人の犯人への挑戦的な態度が描かれていましたね。
回を追う毎にベアトリーチェvs戦人が色濃くなりそうな予感がいたします。

今回は疑心暗鬼なっていた絵羽と、その夫秀吉が猟奇殺人の犠牲者となった。しかも密室殺人のような手口であった。
絵羽の息子は愛する紗音を失って心の傷が癒えぬ間に両親をも失った訳だ。惨いストーリーだな。

親族の中でベアトリーチェの存在を信じているのは真里亞だけだったが、面白い事に使用人達は全員ベアトリーチェの存在を信じていて、使用人達の話によるとベアトリーチェは肉体を持っていないらしい。

ベアトリーチェは昔、金蔵と契約して魔法を使った事で肉体を失ったのかな? それで今回は自分の肉体の復活の為に金蔵と深く関わる人間達の血を必要としているのだろうか。

ベアトリーチェの仕業で間違いないとは思うんだが、ベアトリーチェの名を利用したトリック殺人だと面白いストーリーになりそうだな。そう思いました。






関連記事
二次元美少女って素敵ですよね。
明善的な見方
破滅の闇日記
Time of bliss
混沌-chaos-という名のクロニクル


うみねこのなく頃に Episode1 真相解明読本
双葉社
ブレインナビ


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック