屍姫 玄 第7話「ありふれた望み」

七星の行動は狭間が描いたシナリオだったんですね。
星村家を襲ってマキナを屍姫にしたのも彼の計画だった。
屍姫の作り出される絡繰りを知って、それを利用するつもりなんでしょう。
思慮のない北斗は狭間の野望に利用されているだけで、なんだか可哀想だな。

可哀想と云えば、春日望。
マキナのように死んでオーリの屍姫になりたかったが、やっぱり生きたままでオーリと一緒にいたいと望んだ所で死んじまいました。

春日望を救えなかったオーリを助けた屍は、七星の一人なのでしょうか? オーリの出生を知っているようでしたね。
どうやら、オーリは屍の子らしいです。
屍に深い縁のある子であるのは、物語の流れから予想はついていたけど、屍の子ですか。成る程ね。
オーリは人間として生きている事から、屍と人間との間に出来たハーフになるのでしょうか。

気になるのは、マキナの幼い頃の写真で、一緒に写っている顔のない男の子だな。
物語に関わってくるのかな。


Figma 屍姫 星村眞姫那
Max Factory
2009-04-25


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 屍姫 玄 第7話(20話)「ありふれた望み」

    Excerpt: 七星に操られるだけで、まだ屍になっていなかったお胸様。彼女の望みは屍となればオーリのそばにいられるという思い込み。脇役の彼女を使えるとすれば、このような勘違いが不幸を招き、オーリを悲しみに落とすくらい.. Weblog: アニメレビューCrossChannel.jp racked: 2009-02-14 13:56
  • 屍姫 玄 第7話(第20話)「ありふれた望み」(感想)

    Excerpt: こちらは感想です(内容)オーリを襲う春日私を殺して…幸せになりたい…幸せを感じさせて!死を間近に感じてはいても決して幸せとは結びつかないオーリにとっては春日の言う事は滅茶苦茶ですその上自分からではなく.. Weblog: からまつそう racked: 2009-02-17 18:46