機動戦士ガンダム00 2nd #20「アニュー・リターン」

今回の見せ場は、ライル(ロックオン)とアニューの戦闘シーンでしたね。

アニューはプトレマイオスのシステムにウィルスを汚染させて、お団子頭の子を人質にしてダブルオーを奪取しようと目論むが、刹那とライルのコンビプレイに阻まれ、小型機で逃亡、ヒリングはオーライザーで脱出するも、ハローのgood jobによってオーライザーを手放してアニューの小型機で逃げるが、ダブルオーの機体に損傷をつける。
その時ライルの腕なら、アニューの操縦する機体を狙い落とせただろうに、討てませんでしたね。

イノベイターはプトレマイオスとダブルオーの修理が完了しない間に、再び、力でダブルオーを奪いに来た。そのメンバーの中にはアニューと新型モビルアーマーに乗るルイスの姿もあった。ルイスとアニューは気の毒だね。完全にリボンズに脳を支配されちゃってるよ。

戦況は、ライルの乗るケルディムがアニューの新型MSと共に戦闘領域を離れ、アリオスとセラヴィーは大苦戦。ルイスの乗る機体名はレグナントだっけ? 凄いですねえ。屈曲ビームですよ。
アリオスは戦闘不能に陥り、セラヴィーもモード変更をして戦うも、歯が立たない状態でした。

ライルとアニューのシーンはガンダムシード・ディスティニーでシン・アスカがガンダムに乗るステラを助けようと近づいた所にキラのフリーダムがステラのガンダムを葬るシーンと似ていましたな。
今回のケルディムの動きには驚いたよ。ケルディムは接近戦でも充分戦えるんだな。
アニューの機体は圧倒されて、損傷を負い、ライルはコックピットのアニューを助けようと手を差し伸べる。
格好良いライルの言動にアニューの心はライルに傾いたと思ったんだがな。リボンズに支配されちゃっていたからな。ライルの隙を突いて猛反撃です。
あのままだとライルの命はなかったかもしれないですね。
リボンズはアニューがライルを仕留めると確信しただろうね。その時、ダブルオーのビームがピンポイントでアニューの機体に命中。あれはビームソードだったのかな。

アニューの死に際に二人は、分かり合えたようだけど、あの裸のシーンはなんとかなりませんかね。

帰投してからライルはアニューを討った刹那を怒りに任せて殴っていたけど、刹那の気持ちも理解はしているんだよな。そして他のメンバー達も。

沙慈もルイスに対してライルと同じ感情を持っているから、自分の選ぶ道が如何に険しいのか感じたろうね。そのルイスを救うにはリボンズの支配から逃れる為にダブルオーの乗り手である刹那の覚醒が必要になるんじゃないかと思いました。
そういえば、ワン・リューミンはどうなったんだあ?


機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 2 [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2009-03-27

ユーザレビュー:
素直に面白い戦闘の派 ...
序盤からじわじわ広が ...
アレルヤ奪還の電撃作 ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



関連記事
ゼロから
SERA@らくblog 3.0
空色きゃんでぃ
とーきんぐ・しょっぷ
日常と紙一重のせかい
O/bo/roΞRevival
世界日本ハムの哀れblog@非公式
雲の上からHello!
WONDER TIME
明善的な見方
紅蓮の煌き
いいとこドリップ。
らしんばん@うぇーぶ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック