MOONLIGHT MILE 2ndシーズン 第6話「ロケットボーイズ」

ロストマン率いるスターファイターは、一人の中国人ツェン・リーによって全滅。
ツェン・リーが有能なパイロットであるのと中国の技術がアメリカに劣っていないのが証明されたな。

ロストマンとツェン・リーは互いに協力をして、途中二人への酸素不足から冷静な判断を失ったアメリカのアホの妨害もあったが、無事に地球への帰還に成功。

両国では、この事件を闇に葬り、今後もにらみ合いを続けるのでしょう。
次に二人が会う時には敵同士の可能性は高いわな。

ロストマンが地球へ帰還している頃、ロストマンに連れられてアメリカにやってきたアリは、ずいぶんと体が大きくなっていた。時の流れを感じますね。

ライトロケットの打ち上げに情熱を燃やすアリはアラブ系と云う事から、差別と偏見の目で周囲から冷たくされながらも、同じ夢を持つ少年2名と出会い日夜奔走していた。

街の自警団はアリをミサイルを開発しているテロリストと決めつけ目を光らせていた。そんな中、アリはロストマンの意見を聞こうと設計図を持って会いに行くと、そこには偶然にアメリカ宇宙軍の偉い地位にいる学者がいて、アドバイスを貰ったアリ達は組立てに成功するが、アジトを自警団に発見されてしまう。

FBIも動き出し、追っかけられるアリ達は広場でロケットを打ち上げ、FBIにはロストマンか、あの学者から連絡が事前に入っていたんでしょうね。FBIが遠くで待機をする中、ロケットは宇宙への到達に成功をし、FBIや警官達は拍手。

ロケットに夢を託す3人の少年が、それぞれに問題を抱えながらも、結局は自分の信念を曲げずに己の信じた道を走る、すがすがしいストーリーで、少年達に好感が持てました。

次は、吾郎達、大人の番じゃな。



MOONLIGHT MILE 2ndシーズン -Touch Down- ACT.3 [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2008-03-26


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック