機動戦士ガンダム00 2nd #11「ダブルオーの声」

セルゲイは生きていましたね。
セルゲイの危険を遠くで感じていたマリーは、その能力が災いして不幸になりそうだな。

スイール王国全土が焦土になったように見えたが、被害は首都圏全域だったらしい。
その悲惨な状況を見ながら驚喜するアリー。一方のリボンズは冷静で、ワン・リューミンは顔を強ばらせていた。
そのワン・リュウミンとネーナは互いに信頼をしていないようですな。ネーナの場合は自分の兄を殺したアリーとワン・リュウミンが手を組んでから疑いを持つ様になったんだろう。

スメラギは衛星兵器メメントモリの破壊を最優先事項に掲げ、皆に指示を出す前にティエリアが自分の胸に閉まっていたイノベイターに関する情報を皆に伝え、自分もイノベイダーの一人だと告白する前に、スメラギが「貴方も仲間よ」と言って喋らせなかったな。彼女の思いやりか。

またもやカタキンは鮮やかな戦術で先手をうってきた。
ダブルオーだけが新装備が間に合わずに戦場へ出たけど、残りの3機が新装備の力を見せる場面は全くなかったな。

ガラッゾ vs セラヴィーは今後も有りそうですね。
「ビームを曲げた? バカな?」と思いながら白兵戦を挑んだセラヴィーでしたが、パワーでも及ばず。新兵器は温存ですかな。

頼みの綱であるオーライザーが置いていある第3格納庫が攻撃を受け、スメラギは沙慈に様子を見て来るように指示を出し、沙慈が現場に到着すると負傷を受けたヴァスティが今オーライザーを使わないと俺達は全滅だから、動けない自分の代わりに調整を終えたオーライザーを沙慈に託す。

オーライザーと合体したダブルオーがトランザムを起動すると、なんだかZガンダムを思わせる様な光景が。これがダブルオーの声の力なんでしょう。
ルイスと沙慈は自分達が敵同士になっているのを初めて知る。
そういえば、ガンダムシードディスティニーの最終話でも似た様なシーンがあったような。
シン シン シン また明日ねえ

次回はカタキンが勝利を確信した所で、というか既に彼女は自分がスメラギに勝ったと確信していましたが、新たな未知の力を得たダブルオーガンダムがカタキンの想像を超える働きを見せて、戦局が一気に変わって、それに呼応するかのように他の3機も新兵器を使うのでしょうな。

リヴァイヴが脳量子波を送って、マリーが自分に送っているのではないと感じる場面があったが、あれは新たにトレミーのクルーとなったアニュー・リターナーに送っているように見えたが、どうだかな。
ワン・リューミンのスカウトらしいから何か有りそうだよな。



機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン 1 [DVD]
バンダイビジュアル
2009-02-20

ユーザレビュー:
1stが戦場の悲哀な ...
疑問点がいっぱい…ま ...
二つの希望GNフラッ ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



関連記事
WORLDS BLOG
スポーツ&ネットウォッチングブログ
【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
空色きゃんでぃ
電撃JAP
ゼロから
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人
優しい世界~我が心に迷いあり(β)


新・大人のガンダム
日経BP社
日経エンタテインメント


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック