機動戦士ガンダム00 2nd #10「天の光」

カテキンはスメラギの目標とする戦術予報士だったんですね。
互いに最も敵にしたくない戦術予報士が、敵になっているのを知って、二人の胸が裂かれる思いが、ジャンジャンバリバリ伝わって来たな。

中東で最大の国力を持つスイール王国と連邦の武力衝突が起きそうな状況で、カタロンはスイール王国と手を組もうとしていた。一方、アロウズでは正規軍のセルゲイに国境付近でスイール王国の監視を命じていた。

ダブルオーの開発の為に先に上がったヴァスティ達と合流する予定のトレミーは、途中でアロウズの新型MSと遭遇。
新型MSは、トレミーのクルーが驚く速さで接近し、ダブルオーが迎え撃つが、今のダブルオーでは手も足も出せなかったから、ダブルオーを葬る事は容易い状態だったが、敢えてそれをせずに引き上げる。CBをおちょくってますね。

そんな事もあって、焦るCBは急いでエンジニア達と合流して、直ぐにダブルオーへオーライザーを咬ませる。アリオスにも新しい装備がつきましたね。なんだっけ? ガンアーチャーと言ったかな。

これもはっきりしないんだが、メメントリーと言ったかな。コロニーレーザーのような物で、アロウズはそいつを使って、宇宙からスイール王国の王宮をピンポイント攻撃をしたように見えたんだが、凄い破壊力で国境付近に陣を構えていたセルゲイが巻き込まれちゃいましたね。
その頃、宇宙にいるマリーは大佐に危険を感じて、逃げてと叫んでいたけど、どうなったやら。
ところで、マリーは大佐の状況を何処迄、把握出来ていたんでしょうか。
その脳味噌、トレースしたいわ。

スイール王国が攻撃を受けている頃、ダブルオーはエンジニアの予想を超えた能力を手にしたようで、その影響なのか、はたまたメメントリーの影響なのか、アレルヤの中にハレルヤが再登場。

ネーナが兄の仇であるサーシェスと遭遇して、サーシェスをやっつけようとするが、逆にサーシェスに抑えられる場面がありましたな。サーシェスはリボンズの命を受けて不信な人物が侵入していないか調べていた訳だが、リボンズには異常なしと伝えていた。
リボンズの腹心の振りをしていて食えない奴だよな。リボンズも見抜いて泳がしているんだろうね。

腹黒い奴と云えば、ワン・リューミンだな。
彼女はカタロンとCBに援助をしていて、双方から信頼されているんだろう。恐い女だぞ。

今回もそうだが、哀しい瞳のマリナ・イスマールには「暁の車」の曲が似合いそうだな。
笑顔が見たいのう。沙慈君もね。
CBの新キャラのエンジニアの女の子、名はなんと言ったか忘れたけど、いいすねえ。



関連記事
日常と紙一重のせかい
電撃JAP
アニメのストーリーと感想
深・翠蛇の沼
破滅の闇日記
空色きゃんでぃ
せーにんの冒険記
ゼロから
明善的な見方
新しい世界へ・・・

荒野の出来事
新・天の光はすべて星
雲の上からHello!
のほほんホビー
らしんばん@うぇーぶ
ビヨビヨ日記帳2
獄ツナBlog5927
【非公式】世界日本ハムの哀れblog@非公式
ゆぐどらしる えくすぷれす


HG 1/144 ブシドー専用アヘッド ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
バンダイ
2008-12-06

ユーザレビュー:
なかなかの良キットで ...
少し不満ビームサーベ ...
完成度は高い だけど ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック