コードギアス 反逆のルルーシュ R2 #20『皇帝失格』

今回も色んな事が有りましたな。
黒の騎士団とブリタニアとの停戦、そしてゼロの死亡が公式発表され、シュナイゼル達の働きを俗事だと言い放つブリタニア皇帝シャルルは神根島に降り立ちラグナレクの準備を着々と進めていた。

冷血になったスザクは。自分をナイトオブワンにしろとシュナイゼルへ迫り、隣にいたコーネリアはスザクの横暴な口の聞き方に腹を立てるが、シュナイゼルは了承し、現皇帝の暗殺にスザクを仕向け、その場に居たジノはシュナイゼルに異を唱えて拘束される。
シュナイゼルのシャルルへの反逆が始まりましたな。

神根島に着いたスザクの前にビスマルクが立ちはだかり、スザクは大ピンチ! そこへギアスを使ってブリタニア軍の一部を操るルルーシュが神根島。この騒動でスザクは命拾いをする。

ゼロの死を知らされた神楽那は気丈だったね。
その神楽那は黒の騎士団、中華の天子様、シンクー等と共にシュナイゼルを代表とする会議に出席していると、神根島の異変の一報が入り、スザク以外の誰かがシャルルに刃向かっていると知ったシュナイゼルは神根島へ向おうとし、神楽那も、こんな戦い方をするのはゼロ、あの人をおいて他にはいないと考え確かめに向う。

なんと アーニャ=マリアンヌだったぞ。たまげたなーっ。
そのアーニャと接触した記憶障害だったC.C.は元のC.C.に戻り、二人は神根島へ。途中ビスマルクとちょっと交戦をするが、相手を上手く騙して着陸に成功。

異空間だろうね。そこでラグナレクを進めるシャルルの前にルルーシュが姿を見せ、ルルーシュは不死者のシャルルを自分と一緒に、このまま異空間に閉じ込めるようです。

シュナイゼル達の動きやスザクの動向も気になるけど、一番気になるのはアーニャとC.C.だな。
この二人の働きが大きく左右しそうですね。

マリアンヌに対しては、ルルーシュ兄妹の優しい母のイメージを持っていたんだが、なんだかルルーシュに輪をかけたような非道な心を持っていそうだな。


コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02
バンダイビジュアル
2008-09-26

ユーザレビュー:
さすがルルーシュもぉ ...
約束したからなおまえ ...
察しろ俺はルルーシュ ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


関連記事
りりっぴーの気まぐれアニメ・マンガ感想
電撃JAP
SERA@らくblog 3.0
沖磨純雲 -おきまもとん-
無限回廊幻想記譚
全て遠き理想郷?なブログ
アニメのストーリーと感想
Shooting Stars☆
腐麗蝶の柩-ティエリア愛~コードギアスR...
まるとんとんの部屋


バンダイ コードギアス反逆のルルーシュR2 EX-PORTRAITS ノーマル5種セット
ハビコロ・トイ
コードギアスEX-PORTRAITSがR2で新登場!!ブラックリベリオンで処刑されたであろうゼロが見


楽天市場 by ウェブリブログ



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック