ロザリオとバンパイア 第12話「公安委員会とバンパイア」

最終回に向けてシリアスな展開になって来ましたね。パンツどころじゃないねえ。

月音達は公安委員会の不正を調査していたが、生徒達は公安委員会を恐れて誰も月音達には協力をしてくれなかった。そんな時にみぞれが証言をしてくれそうな3人のメンバーを見つける。
その3人はモカ、クルム、ユカリのファンクラブの奴等だったが一足先に公安委員会に連れて行かれたね。

公安委員会は授業中にも関わらず、月音が人間ではないかとの疑いをかけて連行。そして仲間と見られるモカ、クルム、ミゾレも連れて行かれる。その様子を眺めるユカリは一人で助けなくちゃと意気込むが「あんな大勢に一人で、どないすんや」と銀影に止められる。

それぞれが個別の部屋で尋問され、月音に対しては親分の九曜自ら尋問。
九曜は先生や他の生徒達からの証言の映像を月音に見せ、尚も、モカとクルム、ミゾレの尋問の様子も見せる。バンパイアの苦手な生水を体にかけられて苦しんでも月音を庇うモカの姿に耐えきれなくなった月音は自分が人間である事を自白。
月音が人間であるのを始めて知ったミゾレとクルムは、態度を変えてしまう。この二人は事実を知らなかったから開放されたが、モカだけは事実を知って隠していた事で別室に閉じ込められ、月音は公開死刑に決まった。

最終回を前にして盛り上がって来たな。
月音は土壇場で覚醒するんでしょうかね。月音の感情の高まりに離れた場所に投獄されているモカのロザリオが反応して、なんとか助かるような気もしないでもないが、その前に月音が人間と知って態度が変わったクルムとユカリちゃんが自分達が悪いイメージを持っていた人間と月音とは違うと思い直して、ミゾレと過去に九曜と対決をした銀影も月音を助けようと動くのだろうな。その中でも銀影に是非にも戦って貰いたいよ。
後、気になるのは担任の猫目先生が理事長に呼ばれた事だな。なんだかんだ言っても公安委員会は学園の生徒に変わりはないんだから、最後は理事長が事を治めるってのも有り得るかな。

ロザリオとバンパイア キャラクターソングシリーズ(6)
「ロザリオとバンパイア」 キャラクターソングシリーズ6 ザ・かぷっちゅ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック