ああっ女神さまっ 闘う翼

天上界から女神達の天敵「天使喰い」を負って戦闘神リンドが蛍一達のもとにやって来た。
蛍一の済む屋敷には女神3姉妹にペイオース、そしてリンドと5人の女神が揃った事にになるな。蛍一は幸運の持ち主だのう。
女神達は天使を出さなければ、大丈夫でしょうとあまり気にしていない様子だったが、最初にウルドが餌食にされ次にペイオース、ベルダンディーが天使を喰われた。
実は、この「天使喰い」を操っていたのは魔界の長ヒルド様だったのだ。下部としてマーラーも姿を見せていたが、全く戦力にはなっていなかったな。

2体の片翼の天使を持つリンドは蛍一に自分のエンジェルを授け、天使の事で悩んでいたスクルドも自分の天使を召還するのに成功し、使い魔を背にするベルダンディーはいつの間にやら使い魔を天使の様に手なずけ、形勢逆転になってヒルドは退散。

戦闘神リンドは何時も硬い表情をしていて笑顔のベルダンディーとは対照的な感じだったが、短い間に蛍一とベルダンディーに接する中で二人の良さに気づいたようで、蛍一を生涯の友だと言い残して天上界に戻ったね。
スクルドも天使を再び呼べる様に成長して、なりよりだったな。



愛の星/ハナムケのメロディー
愛の星/ハナムケのメロディー

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック