アイドルマスター XENOGLOSSIA 第26話「月とペンギン」

最終回だな。
雪歩は意識を失ったままモンデンキントJPの医務室に運ばれ、真はあずさ主任の意思を継いで戻って来た。

iDOL達は地球を守る為に自分達をアウリンへと送り込めと要求。その要求に対して真美はテンペスタースと別れたくないと駄々をこねるが、他のマスター達はそれぞれに覚悟を決めていた。

板橋から築地まで2日を要してやよいが春香に会いに来たね。親友だから春香に会いに来たという言葉に春香は涙を堪える事が出来なかったの束の間。他のメンバー達の手痛い歓迎を受けるww。
つーかなんでやよいはペンギンの被り物なんだーつwwと思ったけど、彼女なりにペンギンの生き様を引き合いに出して春香を元気づけようとしていたのでしょう。

本来ならiDOLだけを打ち上げる予定だったがiDOL達はマスターを乗せたまま宇宙へ。そしてヒエムス、ネーブラ、インベルといか真、伊織、春香が初めて力を合わせてドロップを撃破した。このシーンは最終回らしく見応えがあったな。

アウリンを目の前にして「後は任せたわよーっ」と真と伊織は互いに力を合わせて春香とインベルに道を作り、インベルはアウリンの中へ。

インベルは春香に自分の産まれた所を見せた後に春香を脱出させてアウリンと共に消滅して、地球は救われた。

地上ではなく洋上なのかな? 落下した春香にインベルは「ダイスキ」のメッセージを残して、恋人との別れを惜しむような春香だった。

結局iDOLはロボットではなく、意志を持つ生命体だったんだよね。そのiDOLに魅せられた少女達の恋と戦いのアニメで、自分としては最高!!とまでは云えないまでもそれなりに楽しめたアニメだったな。

キャラクターの中ではペンギンのやよいに好感が持てたな。

悠久の旅人~Dear Boy
悠久の旅人~Dear Boy

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック