アイドルマスター XENOGLOSSIA 第25話「春の雪」

最終回に向けて怒濤の展開でした。
次から次へと現れるエピメテウス群。春香のインベルは行く手を阻まれるが、ネーブラとテンペスタースがエピメテウス群を引き付け、春香とインベルはすっかり様変わりして空中へ浮くトゥリアビータ基地への潜入に成功する。

あまりにもエピメテウスの数が多いからネーブラは窮地に陥るが、あずさの身を犠牲にした働きを無駄にしない為にもと改心した真のヒエムスが救う。ところがネーブラはヒエムスに一発を喰らわし、何をするんだこの子は? と思ったが、仲直りのパンチだったらしく二人で仲良くエピメテウス潰しに動き出した。こうゆうシーンを見たかったんだよな。

トゥリアビータ基地内で雪歩と再会した春香は、親友として手を差し伸べるが雪歩は「やめてください。そうゆうのヘドが出るの」とインベルとヌービアムの戦いが始まった。
ヌービアム強いね。ヌービアムが戦闘不能のインベルにトドメをさそうとすると、粒子になった千早がインベルとの融合を計ろうとするが拒絶された。
春香は千早の一方的なインベルに対しての接し方の間違いを雪歩に説き、雪歩は自分と千早の間違いに気づく。

エピメテウスはモンデンキント本部を襲撃。その様子を知った朔響は自分にチャンスが廻ってきたとほくそ笑みながら、ウルトゥリウスの攻撃ビームをトゥリアビータ基地に発射をさせて、春香と雪歩が残るトゥリアビータ基地は消滅。
朔響は典型的な野心家の悪だよな。

トゥリアビータ基地はあとかたもなく消えたが、ヌービアムがインベルと春香と雪歩を守りましたね。この結果は朔響にとっては想定外の事でしょう。

やよいの人の良さが描かれていたよな。
春香にアイドルマスターだと告白された、やよいは危険な東京に戻りましたね。

次回は春香、伊織、真、雪歩、双海姉妹達が力を一つにして大仕事をやってのけるのでしょう。
ジョセフに朔響をギャフンと言わして欲しいものです。

アイドルマスター XENOGLOSSIA キャラクターボーカルアルバム Vol.1
アイドルマスター XENOGLOSSIA キャラクターボーカルアルバム Vol.1

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック