アイドルマスター XENOGLOSSIA 第21話「最後の・プリン」

春香の心の傷は深く、自室に引きこもり長期休暇状態。そんな春香を心配するやよいは春香の部屋のドアを叩くが、春香からの応答はなかった。

あずさと千早姉妹の過去が描かれていたが、養父母に二人はマインド・コントロールをかけられていたんじゃねーの。

朔響の身辺を調べていたジョセフは、その正体を知ったが、まあどうなるもんでもなかったな。

あの雪歩の裏切りでiDOLを奪われた事件からモンデンキントJPはドロップ排除のローテーションから完全に外され、年が明けるとドロップが無人島に落下。それはメディアでも大きく取り上げられ、トリアビュータからはモンデンキットに全てのiDOLを明け渡せという通達が届き本部はモンデンキントJPにアイドルチームの解散を命じ、その頃春香は、胸の鼓動を感じて外へと飛び出す。春香は千早の乗るインベルの姿を見るのであった。

春香達の所属するモンデンキットが善で、トゥリアビータが悪のように見えていたけど、最近の展開から見るとモンデンキットの方が腹黒そうだな。その中でモンデンキットJPのメンバー達が本部に反発して独自の動きをみせるのかな。天下三分の計じゃな(笑)。

春香のプリンを食っちまった伊織の行動は、まあ伊織らしいんだが、儂なら賞味期限間近だから「食べなよ」とドアの前に置いてたかもな。春香が元気になったら伊織は恨まれるぞ(笑)。

残酷よ希望となれ
残酷よ希望となれ

この記事へのコメント

2007年10月08日 16:23
人によっては、つまなーいと思う人もいるかと思いますが、面白いですよ(笑)。

この記事へのトラックバック