バッカーノ! 第7幕「すべてはアドウェナ・アウィス号の船上からはじまる」

時代は1711年。新大陸を目指す船アドウェナ・アウィス号での出来事でした。
船内では悪魔の仕業なのか行方不明者が後を絶たなかった。そんな不気味な船内で錬金術師たちは錬金術師の悲願である大いなる万能薬の精製法について議論を交わしていたが、マイザーの主張する悪魔の力を借りて万能薬を精製する方向へと決まりマイザーが黒魔術を使って悪魔召還の儀式を始めた。
悪魔は姿を見せずに声だけで存在感を示し、これを飲めば不老不死になれるとマイザーに酒を与える。そこへ、こんなの儂は信じねえぞとセラードが酒を飲み、セラードは、「ほら何も変わらない」と主張するが、悪魔はセラードを殺してセラードが生き返る事実を見せる。

悪魔は不老不死の万能薬を与える変わりにルールを決めた。
死にたくなったら仲間に食ってもらえ。ただし、食った者は食われた者の知識と経験を受け継ぐ。互いに偽名を使わない。
そして悪魔はマイザーにだけ万能薬の知識を授けた。

マイザーは考えがあって自分の知識を弟のグレットに分け与えたが、知識欲旺盛な爺さんのセラードはグレットを食べちゃうんだよな。セラードは次々と不死者となった者達を食べようとするが、逆にロニー達に追いかけられて海へ落ちてしまう。
セラードは大西洋のど真ん中の海に放り投げ出されても、不老不死だから生き延びちゃったんだね。そして200年以上の時は流れても万能薬精製への欲は衰えず、バーンズに自分の知識を与えながら不老不死の薬を作らせた訳だ。

アドウェナ・アウィス号にはマルティージョ・ファミリーのマイザー、ロニー以外にもチェスの姿もあった。チェスの体は少年ままなんだが200年以上も生きている。不思議な感じですね。

今回の話でも、これまで見えなかった糸が見えてきて増々面白くなってきました。
セラード vs マイザー、ロニーだね。
次回はバカップルが主役を演じそうで、愉快な活劇ですかな。

BACCANO!(バッカーノ!) 01
バッカーノ! 1 [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック