魔法少女リリカルなのはStrikerS 第20話「無限の欲望」

なのはの手は顔に似合わずごっついですね。レイジングハートを手にしながら上空を飛ぶんだから握力も相当な物だと思うよ。魔法を使っているから関係ないのかな。それと上空で速いスピードで飛んでるけど呼吸は大丈夫なのはのかな。
画像


大過の元は最高評議会だすね。スカリエッティに人造魔導師や戦闘機人の研究をやらせて聖王のゆりかごまでも復活させた事で、最高評議会がスカリエッティに求めていた事は成就したね。スカリエッティは自分が最高評議会の目的を成し遂げたら自分がどんな扱いをされるか彼なりに予想していたんだろうけど、スカリエッティの方でも最高評議会を利用して、まあタヌキの化かし合いよ。
先手を打って最高評議会の世話をする女性と内通して彼女の裏切りで最高評議会の3人は逝っちまった。

ゼストの身元がはっきりしたね。なのは達の先輩にあたるんだな。ストライカークラスだったらしいよ。レジアス中将の親友で死んだはずだが最高評議会の意図で命を与えられてスカリエッティの監視役をやっていたんだな。だからレジアス中将がモニターでゼストの姿を見た時に驚いた表情をしていたんだね。そのゼストは自分の命が短いと知って最後の戦いになりそうで、その前にかつての親友レジアス中将に会わねばと思っているのでしょう。

決戦に向う前に、なのははヒヨッコ達に危ない目にあっても助けに向う余裕がない程の厳しい戦いになると気合いを入れ、それぞれが持ち場に向うんじゃがスバルだけは残ってなのはの心を心配して元気づけようとするが、逆に激励されちゃったね。

ハヤテ、フェイト、なのは達はリミッターを完全に外して、それぞれが思いを胸に抱えて3カ所に別れた。
ハヤテは自分を嫌うレジアス中将の地上本部。フェイトは自分の生みの親のようなスカリエッティのアジトへ。
「この手の魔法は大切な物を守れる力、想いを貫き通す為に必要な力、待ってててねヴィヴィオ」なのはは、聖王のゆりかごへ。

いよいよ次回が決戦だ。

今回のストーリーはどうでもいいから、どうでもいいは、言い過ぎだろう。
なのはとレイジングハートの大活躍を見たくて、次を早く見せろと言いたくなるようなストーリーでした。よって次回が待ち遠しいよ。でも次回もイライラするような展開になるんだろうな。

魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2
魔法少女リリカルなのはStrikerS Vol.2 [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック