ひぐらしのなく頃に解 第6話「迷路の法則」

なんだか難しいアニメだな。「迷路の法則」ね。そういえば幸宏さんのバンドのネオ・ビートニクスの曲で「出口なし」というのがあったな。格好いい曲だった。

梨花は殺されては、何度も別の雛見沢に現われ又同じ惨劇を繰り返していた。
梨花でなくても、もういい加減にしてよと言いたくなるわな。
今回は綿流しの2週間前の世界に飛ばされ、藁にでもすがる思いで、圭一が別の世界の雛見沢を覚えているかどうか、探りを入れた梨花だったが、圭一は全く憶えてなくて、絶望感の梨花だった。

街でメンバー達はゲームをやる事になり、ゲームの内容や誰がどの席に座り誰が勝つのかを何度も体験をして覚えている梨花は、圭一に予言めいた言葉を吐き、事は梨花の話した通りになった。驚いた圭一は梨花に予知能力があるのかと聞くが、梨花は誰にも逆らえない運命を知っているだけと答え、圭一は運命だと諦めていたらそれまでだと、梨花の予言したゲームの内容を変えさせ、以前までの運命の流れだと景品を手にした圭一は魅音にプレゼントをしなかった事が原因となって魅音を狂乱させていたが、今回は魅音にプレゼントをした。

圭一が少しづつ運命を変えているの感じる梨花は今迄逃れられずに諦めていた運命と戦おうと決意する。梨花が迷路の法則を断ち切れるかどうか見物ですね。

今回は羽入が初めて本格的な登場をしたね。可愛いお嬢ちゃんで、やっぱりマッチョじゃなかったな(笑)。でも声が堀江由衣のマッチョを見たいよな。

ひぐらしのなく頃に解 目明し編 2 (2) (ガンガンWINGコミックス)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック