史上最強の弟子ケンイチ 第26話「剥された仮面!ハーミットの正体!」

3クール目に突入してオープンングとエンディングが変わりましたね。いくらなんでもあれはないよなーっアパチャイのバスケシーン。自陣のゴールの壁にボールを叩きつけてると、そのボールが跳ね返ってコートを縦断してシュート。ありえねえーっ!! このアパチャイのありえないシュートから今迄弱小バスケット部だった高校は、全国大会を争う強豪校に変貌したらしいです。

25話の続きで演劇中の美羽を守るべくケンイチはキサラと決闘中です。決闘と言っても女性に手を出さない主義のケンイチは防戦一方でした。キサラは「私が女だから ええっ 調子狂う」と言い残し諦めました。改めてケンイチのタフさが伝わりましたね。キサラの引き際の良さから彼女は本当は不良にするには勿体ない素敵な女性かもしれないと感じましたよ。

美羽は無事に演劇を終え、ケンイチと一緒に帰るんだが、その前にケンイチは花束を足で潰している谷本と逢い、谷本はケンイチの行動にムカついておりました。

美羽とケンイチは歩道橋でハーミットと逢う。ハーミットはケンイチが強くなってから戦うつもりでしたが、ハーミットはケンイチの行動が我慢ならんかったらしいです。ハーミットの一撃でケンイチは道路を走るバスの天井に転落し、ハーミットも彼を追いバスの天井に飛び降りた。弟子の一大事と逆鬼と馬が二人の載ったバスを走って追いかける。

顔を隠していたハーミットのフードが取れ、その正体は谷本でした。成る程
谷本は馬師匠と似た中国拳法の使い手で、ケンイチの戦い振りを見てケンイチが誰から中国拳法を習っているのか気になっていたんですね。劣勢だったケンイチは馬師匠から習ったばかりの裏技でハーミットを飛ばして、一先ずは戦いは終わった。心配して駆けつけた馬師匠と逆鬼師匠の前でケンイチは「自分が倒さなくてはいけない気がする」と頼もしい言葉を発した。

次回は馬師匠とハーミットの師匠は繋がりが明かされそうです。

灯台もと暮らしでしたね。あの様子だとキサラも自分の通う学校の谷本がハーミットだとは気づいてないみたいだな。

史上最強の弟子ケンイチ 2
史上最強の弟子ケンイチ 2 [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック