地獄少女 二籠 第十話「曽根アンナの濡れた休日」

骨女が映画監督志望のダメ男哲郎とその女達と旅行中に高速道路のパーキングで輪入道が姿を現す。ターゲットが哲郎と聞いて複雑な心境の骨女。

物語は、骨女が哲郎と出会った日にさかのぼる。
哲郎は骨女に芸名曽根アンナを与え映画出演を熱心に誘うが濡れ場が多さに断る。
多分に大島渚作品風で、それに輪をかけてエロな映画なんでしょう。
ベッドで二人がはずみで、おおってなシーンで哲郎の妻が登場。

半年後に偶然骨女は、奥さんとは違う女性と一緒にいる哲郎と出会う。
哲郎は、その女性と一緒に住んでいるが、奥さんとは別れてはいないらしいです。
哲郎が電車で絡まれている所を彼女が助けたのが、二人を結ぶきっかけだそうで、電車男の逆バージョンですね。
奥さんの所でもそうだったが、ここでも哲郎は映画に夢を追って働こうとはせずに女性に食べさせてもらっていた。骨女はその二人と意気投合して二人の住むアパートに頻繁に出入りをするようになる。

ある日の事
哲郎は骨女には、女房とは別れたと言っていたが、奥さんが二人の住むアパートに乗り込んできた。
ただ哲郎の為に着替えを持って来ただけなんだが、勘違いをした哲郎は骨女の心配をよそに2階の窓から飛び下り逃げただよ。こりゃあ だみだーっおとこだよ

ダメ男の哲郎はなんでもてるんかのう。
今度は女子学生と同棲ですよ。
戸籍上ではまだ妻なのかなあ? その女性と以前同棲していた女性がその女子学生の家に乗り込んでゆくのですよ。逆に女子学生から「貴方達は哲郎さんの映画と夢が理解出来ないのよ」だってさ。
哲郎の為に、脱いでも借金してもかまわないと思う女子学生は300万円貯めてあった通帳を渡す。
300万を手にして映画製作の為に少しは動いた哲郎だが、現実のシビアさを知り台本を捨てる。その後300万を競馬で全部すってしまい、女子学生に総てを話しドロン。
風貌はたいした事もなく、どうみてもくたびれたおっさんの哲郎の少年の心が、女性を虜にするんかのう。

大雨の中逃げ出した哲郎の向った先は、女子学生と同棲する前に住んでいた前の彼女の住むアパート。そこにはダメ男哲郎が気になる女房、前の彼女、骨女が集まっていた。哲郎は彼女達を誘って旅行へと出かける。
その前にキクリと哲郎の絡みの騒ぎに元彼女が気づいて哲郎を温かくむかえたんだっけ。その時のキクリの衣裳がアオガエルをイメージしたのでしょうね、カワイイかったです。

私は車の運転が上手くない方だと自覚してますが、哲郎は運転ヘタクソやなあ
パーキングで駐車をしようとして、隣の車にガツチャーン!!
逃げただな。これまた奇遇だけど、その車の持ち主に誤ってコーヒーをもぶっかけやがった。
普通の人間なら謝る所なんだけどねえ。彼にはそこんところ、
そこだけではないなあ 人として生きる時に取るべき行動が抜けてるよ。

車をぶつけられた男が紐をほどき、哲郎は地獄へと流される。
お仕置きは申し訳なさそうな骨女の手によってトイレから始まり、名作映画のワンシーンに哲郎や関係者の女性(骨女も参加)が登場よ。
哲郎が好きな濡れ場にタイタニックの沈没シーンですか? 成る程
キクリのウィンクもよかったけど、閻魔あいの登場のあのシーンは「貞子」を模した物なんでしょうね。良かったな。
エンターテイメントなお仕置きの末に地獄へと流されたとさーっ。

今回は映画に夢を追うダメ男が女性にもててヒモみたいな存在になり、依頼は女性かなーと予想していましたが、一つのお粗末な行動が恨みを買うことになり男性が依頼者となって地獄へと流されました。
旅行に出ると、ついつい「旅はかきすて」となりがちですが、哲郎のパーキングでの当て逃げの行動は許し難いですねえ。でも哲郎が少し羨ましくもありました.
今回も、充分楽しめました。骨女イロッポイぜ

地獄少女 二籠 箱ノ一
地獄少女 二籠 箱ノ一 [DVD]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 地獄少女 二籠 第10話「曽根アンナの濡れた休日」

    Excerpt: 「たまには骨休みも必要よ」 あいがダジャレを言って顔を真っ赤にしてる姿が可愛すぎます。 今週はまたいつもとちょっと違う感じでしたね。 今まで以上に骨女にスポットが当てられた回だったと.. Weblog: おもちやさん racked: 2006-12-09 22:43
  • 地獄少女 二籠 第10話 「曽根アンナの濡れた休日」

    Excerpt: 映画って金さえあれば出品できるものなのか。 ていうか、タイトルが映画じゃなくてアダ…(ry Weblog: ブログ 壁 racked: 2006-12-09 23:26
  • 地獄少女 二篭 第10話 曽根アンナの濡れた休日

    Excerpt: 地獄少女 二篭 第10話 曽根アンナの濡れた休日 お笑い路線に暴走したのだろうか? 一目連についているコーヒーを見て「コーヒーついてる」という指摘が、普通の台詞なのに妙に好きです。映画撮影風、地獄送り.. Weblog: PEN:PENの雲外蒼天 racked: 2006-12-09 23:42
  • 地獄少女 二籠 第10話

    Excerpt: 骨休め。 Weblog: LUNE BLOG racked: 2006-12-10 01:06
  • 「地獄少女 二籠」#10 曽根アンナの濡れた休日

    Excerpt: お待たせしました、数週間振りの地獄コントは千葉繁さんをお迎えして爆笑必死の超拡大版でお贈りいたします! これはもう面白すぎ!! てか地獄少女じゃね~w ま、いっかww 地獄少女 二籠 箱.. Weblog: ラピスラズリに願いを racked: 2006-12-10 03:37
  • 地獄少女 二籠 ダメ男×意味不明(;ΦДΦ)??

    Excerpt: 今までのお話はこんな感じ… 一話地獄少女 二籠 閻魔あいちゃん帰って来た(〃∀〃)ポッ 二話地獄少女 二籠 人間のクズは死んでいいですね(-_-#) 三話地獄少女 二籠 三者三様…(ノ ̄□ ̄.. Weblog: zenの日記 racked: 2006-12-10 04:28
  • 地獄少女のトリビア35

    Excerpt: 母性本能を擽る駄目男。天性のジゴロってのはヘタレなんでしょう。 ギャルゲの主人公のように無色透明な性格じゃなくして無職無芸の人間が人畜無害であれば平和でいいのですが実際は色男と同じでそこここに存.. Weblog: Anime in my life 1号店 racked: 2006-12-10 09:02
  • 地獄少女 二籠 第10話感想

    Excerpt: 「第十話「曽根アンナの濡れた休日」」 「地獄少女って、二籠になってから、作品の幅が広がったよね」 「なかよし作品ってイメージではございませんね」 「ダジャレを言って、デレるあいちゃん.. Weblog: 少年カルコグラフィー racked: 2006-12-10 10:59
  • 地獄少女二籠第10話曽根アンナの濡れた休日

    Excerpt: 「揺らり揺らりと業の影。哀れな運命迷い道。憎み憎まれひび割れた、合わせ鏡の二籠…時の交わる闇より来たりてあなたの恨み晴らします」(怖い口調で「地獄少女二籠第10話曽根アンナの濡れた休日」「今回は骨女が.. Weblog: 翔太FACTORY+Zwei racked: 2006-12-10 11:58
  • 千葉さんあなたにしかこの役はできないと思いました

    Excerpt: 第壱拾話「曽根アンナの濡れた休日」 演出のわたなべさん楽しかっただろうなぁ~って感じですね 閻魔あいさえ出演してたら全てOKって内容ですね 1話ぐらいこんな話があっても良いかなって所です .. Weblog: 睡魔と戦うのって大変だ racked: 2006-12-10 12:02
  • 地獄少女 二籠 第10話 「曽根アンナの濡れた休日」

    Excerpt: サブタイがなんかロマンポ●ノみたいなのはどうなんでしょうw [[attached(2)]] いや、まさかこの冒頭のコーヒーぶっかけ事件が重要なことだったとは・・・ [[att.. Weblog: リリカルマジカル racked: 2006-12-10 13:19
  • 2006年12月10日(日)の更新状況

    Excerpt: 乙女はお姉さまに恋してる 第10話 『二人のジュリエット』 「1/3」 「2/3」 「3/3」 地獄少女 二籠 第10話 『曽根アンナの濡れた休日』 「1/3」 「2/3.. Weblog: ★ You Tube アニ速 ★ racked: 2006-12-10 17:17
  • 地獄少女二篭 10話「曽根アンナの濡れた休日」感想

    Excerpt: 何処かへブラリと消えた骨女を連れ戻そうか?という一目蓮に、『ううん、たまには骨休めも必要よ』とあいさん冒頭からイキナリのファイナルブロー! ちょっぴりウッカリ言ってみた過去の駄洒落が思わぬところ.. Weblog: 月の砂漠のあしあと racked: 2006-12-10 19:27
  • 地獄少女 二籠 第十話 「曽根アンナの 濡れた休日」

    Excerpt:  今回のターゲットは、骨女が親しくなった男だった。  まともな取り柄もなく、  そのあまりの情けなさに母性を刺激された女たちに  迷惑を掛け、女たちの間を渡り歩いて生きている男。  そ.. Weblog: 月の静寂、星の歌 racked: 2006-12-10 23:55
  • まあ結局は誰かに地獄に流されたオッサン、略してマダオね。

    Excerpt: 地獄少女二籠の第10話「曽根アンナの濡れた休日」の濡れた感想です。ふーん、もう Weblog: Le mouvement premier racked: 2006-12-11 00:14
  • 地獄少女 二籠10話「曽根アンナの濡れた休日」

    Excerpt: 姉さん、事件です!あいちゃんが、あいちゃんが… Weblog: ライトニングソルジャー racked: 2006-12-11 01:12
  • 地獄少女 二籠 第10話

    Excerpt: 『曽根アンナの濡れた休日』 「骨女は?」 「どっか行っちまったぃ」 「連れ戻そうか?」   「たまには骨休めも必要よ・・・」 「思い出した! 笑うところかどうか、悩んだんだった」  私は閻魔.. Weblog: ACGギリギリ雑記 racked: 2006-12-11 07:50
  • まあ結局は誰かに地獄に流されたオッサン、略してマダオね。

    Excerpt: 地獄少女二籠の第10話「曽根アンナの濡れた休日」の濡れた感想です。ふーん、もう Weblog: Le mouvement premier racked: 2006-12-11 14:38
  • (アニメ感想) 地獄少女 二籠 第10話 「曽根アンナの濡れた休日」

    Excerpt: 地獄少女 二籠 箱ノ一 「ウソだろう!?」信じられないといった表情の骨女。しかし、目の前にいる男・鉄郎は間違いなく地獄に送られるべき人間だったのです。「知っているのか?」輪入道の問いに、骨女静か.. Weblog: ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 racked: 2006-12-11 14:54
  • 地獄少女 二籠 第10話「曽根アンナの濡れた休日」

    Excerpt: たまには骨休みも必要よ―― と、あいが言ったとおり骨女の骨休みな休日? 千葉繁演じる無責任な映画監督との日々。 もう千葉さんが出るのを前提で作ったとしか思えない(笑) Weblog: SERA@らくblog racked: 2006-12-12 00:01
  • 地獄少女 二籠 10話

    Excerpt: 今回の地獄少女 二籠は、骨女の知人である映画作家のヘタレ男がターゲットに。ターゲットを千葉繁さん、依頼者は台詞少ないですけれども利根健太朗さん、ターゲットの女になった3人をそれぞれ、甲斐田裕子さん、渡.. Weblog: ホビーに萌える魂 racked: 2006-12-13 00:18
  • 地獄少女・二籠 第10話「曽根アンナの濡れた休日」

    Excerpt: 脚本:広真紀 絵コンテ・演出:わたなべひろし 作画監督:菊池洋子 総作画監督:岡真里子 広真紀さん脚本キタコレ。 この方は2話の脚本、お仕置き「能」を書いた人であり、また、1期の地獄少年話の脚.. Weblog: AGAS~アーガス~ racked: 2006-12-13 06:28
  • 地獄少女 二篭 第10話

    Excerpt: 「曽根アンナの濡れた休日」 豊田八六 Weblog: 本を読みながら日記をつけるBlog racked: 2006-12-13 19:38
  • 地獄少女 二篭 第10話

    Excerpt: 「曽根アンナの濡れた休日」 豊田八六title=�Ϲ�� ��϶ ��10�� Weblog: 本を読みながら日記をつけるBlog racked: 2006-12-13 19:44
  • 地獄少女二籠第10話

    Excerpt: 二籠第10話。今回は今までとは異なり、話全体がコメディチックな内容でした。まあちょっと地獄送りの動機がこれってどうなの?という感じはしましたが、コメディだと思えばアリかなと。赤面あいちゃんも見れ.. Weblog: アニメ探索小隊 racked: 2006-12-13 23:04